シネマトゥデイ

『6才のボクが、大人になるまで。』監督新作は名優たちのロードムービー!6月日本公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ローレンス・フィッシュバーン、スティーヴ・カレル、ブライアン・クランストンが共演! - 映画『30年後の同窓会』より - (C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

 映画『6才のボクが、大人になるまで。』などで知られるリチャード・リンクレイター監督の新作『30年後の同窓会』(原題:Last Flag Flying)が6月8日より日本公開される。『フォックスキャッチャー』のスティーヴ・カレル、テレビドラマ「ブレイキング・バッド」のブライアン・クランストン、『TINA ティナ』のローレンス・フィッシュバーンと名優たちが集結し、30年ぶりに再会した男たちの人生が再び輝き出すさまを描いたロードムービーだ。

【動画】6歳の子役が12年間同じ役を演じ続けた『6才のボクが、大人になるまで。』

 物語は、酒浸りでバーを営むサル(ブライアン)&破天荒だった過去を捨て今は牧師となったミューラー(ローレンス)の前に突然、30年間音信不通だった旧友ドク(スティーヴ)が現れるところからスタート。ドクは1年前に妻に先立たれたこと、そして2日前に遠い地で息子が戦死したことを打ち明け、亡くなった息子を故郷に連れ帰る旅への同行を2人に依頼する……。過去と現在の戦争の苦しみに向き合いつつ、ユーモアに満ちた仲間との交流の旅が彼らの空っぽの心を埋めていく、温かな友情の物語となっている。

[PR]

 『さらば冬のかもめ』の原作者でもあるダリル・ポニックサンの2005年に刊行された同名小説(「Last Flag Flying」)を読んで以来、その映画化を12年間も温め続けてきたリンクレイター監督。脚本はポニックサンと共同で執筆した。(編集部・市川遥)

映画『30年後の同窓会』は6月8日よりTOHOシネマズシャンテ他にて全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]