シネマトゥデイ

村上春樹の短編を吉田羊主演で映画化!共演に佐野玲於&村上虹郎

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『ハナレイ・ベイ』ポスタービジュアル - (C)2018 『ハナレイ・ベイ』製作委員会

 村上春樹の短編小説「ハナレイ・ベイ」(『東京奇譚集』に収録)が、主演に吉田羊、共演に佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、村上虹郎を迎え映画化されることが決定した。『トイレのピエタ』などの松永大司が監督・脚本を務め、10月19日より公開される。本作で吉田は息子を亡くした母親にふんしており、「読書が苦手だった私が、初めて一気に読んだ本が『ノルウェイの森』でした。頁を手繰る手ももどかしかったあのムラカミハルキの作品世界にしかも映画で自分が生きられる、これ以上の幸せはありません」と憧れの村上小説のヒロインを演じる喜びを語っている。

【動画】村上春樹の短編を吉田羊&佐野玲於共演で映画化!『ハナレイ・ベイ』特報

 2005年に発表され単行本、文庫あわせ累計70万部を超えるベストセラーとなった「東京奇譚集」(新潮文庫刊)の一篇に基づく本作は、ハワイのハナレイ・ベイで一人息子のタカシ(佐野)をサーフィン中の事故で亡くした主人公サチ(吉田)の10年を描く物語。毎年息子の命日のころにハナレイ・ベイを訪れていたサチが、若い日本人サーファー・高橋(村上)から“片脚の日本人サーファー”の存在を聞き、人生を変える一歩を踏み出していく。特報映像では、生前の生き生きとしたタカシ、涙目の哀しげな母親の姿などが見られる。

[PR]

左より佐野玲於、吉田羊、村上虹郎(C)2018 『ハナレイ・ベイ』製作委員会

 かねてからタッグを切望していた松永監督と共に作り上げたヒロインを、吉田は「恐らく、わたしがこれまで演じてきたどの役にもない生命力をサチは持っています」と表現。「静謐ながら雄弁なカウアイ島の自然の中で『喪失』と向き合い、もがき苦しみながらも声をあげることすらままならない彼女の深い悲しみの先の、ふっと小さく生まれる救いのような希望のような何かを、日本そして世界中の皆様と共有したいと願っています」と作品に込めた思いを明かした。

 一方、ヒロインの息子を演じる佐野は、「村上春樹さんの作品は人の心と記憶に残る作品で、このハナレイ・ベイの“希望の物語”というところを沢山の方々に伝えられるよう、意識して作品に入らせていただきました」とコメントしている。

 その他キャストに佐藤魁栗原類らが決定。音楽を『聖の青春』『娼年』など邦画のほかホウ・シャオシェンジャ・ジャンクー監督らの海外の作品も手掛けてきた半野喜弘が担当する。(編集部・石井百合子)

映画『ハナレイ・ベイ』は10月19日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]