シネマトゥデイ

羽多野渉ら「中間管理録トネガワ」アニメに!カイジ・萩原聖人も登場

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
テレビアニメ「中間管理録トネガワ」新ボイスキャスト発表

 7月から日本テレビの深夜アニメ枠「AnichU」で放送されるテレビアニメ「中間管理録トネガワ」の記者会見が都内で行われ、主人公・利根川幸雄役の森川智之以外の声優キャストが明らかになった。

【写真】ざわ…ざわ…原作・福本伸行『カイジ2~人生奪回ゲーム~』

 「中間管理録トネガワ」は、テレビアニメ化や映画化もされ、シリーズ累計2,000万部を超える福本伸行の大人気漫画「賭博黙示録カイジ」の登場人物の1人で、カイジの宿敵である帝愛グループの最高幹部の1人、利根川幸雄を主人公にしたスピンオフ。「このマンガがすごい!2017オトコ編」第1位に輝くなど人気を博している漫画がテレビアニメ化され、帝愛グループ会長の命令と大勢の部下の黒服たちとの間で苦悩する利根川を描く。

[PR]

 発表されたのは、山崎健二役の羽多野渉、佐衛門三郎二朗役の島崎信長、海老谷役の八代拓、川崎敏政役の西山宏太朗、中田役の濱野大輝、堂下浩次役の江口拓也、萩尾純一役の河西健吾、菊地役の青柳尊哉、長田役の沢城千春、西口冴子役の前田玲奈

 森川と共に、黒のスーツ姿で登場した“チーム利根川”のキャストたちは、自己紹介でそれぞれ「趣味はボウリングです」と黒服たちの趣味をなぞるお約束の発言をするなど、すでにチームワークは抜群だが、森川は「とてもインパクトがある人気作品にキャスティングしていただき光栄ですが、同時に責任の重大さも感じています」とやや緊張気味にコメント。

テレビアニメ「中間管理録トネガワ」より - (C) 福本伸行・萩原天晴・三好智樹・橋本智広/講談社・帝愛グループ 広報部

 一方で、「『カイジ』がヒリヒリするような人間性の勝負を描く作品なら、『トネガワ』は、全面ギャグ」と日本テレビの中谷敏夫プロデューサーが語るように、収録現場は笑いが絶えないという。森川は「収録現場に原作のファンが多いので、みんなシーンを楽しんで演じている。常に笑いが起きています」と証言すると、「僕の役柄は中間管理職。現場でも、若い共演者がみんな楽しんでくれているか、結構気を使って、毎週お菓子を差し入れしたりしているんですよ」と裏側も明かした。

[PR]

 森川は声優事務所の代表取締役も務めているが、「声優事務所の社長と中間管理職はどちらが大変か?」との質問に苦笑しながら、「意外と芸能関係の社長は中間管理職みたいなもの。スタッフやマネージャー、役者など全方向に気を遣うことが多いのであまり変わらないですかね」と答えていた。

 本作には過去のテレビアニメ化作品でカイジの声を務めた萩原聖人と兵藤和尊役の津嘉山正種も登場する。森川は「僕はこの作品からなので『本物たちが来るぞ』って感じがします。ちゃんと福本先生の色を踏襲できているか気になっちゃいます」と語ると、島崎も「『生カイジが聞ける』ってアフレコブースがソワソワしちゃいますよね」と目を輝かせていた。

 そして森川は「僕はトム・クルーズなどの声もやっていますが、それとは全然違うトネガワも格好いいので、ぜひ観ていただけたらうれしいです」と意気込みを語った。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]