ミッション:インポッシブル最新作、森川智之ら日本語版キャストが続役!

豪華声優陣が再集結!上段左から根本泰彦、甲斐田裕子、森川智之、手塚秀彰、岡寛恵、中尾隆聖、田中正彦
豪華声優陣が再集結!上段左から根本泰彦、甲斐田裕子、森川智之、手塚秀彰、岡寛恵、中尾隆聖、田中正彦 - (c)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

 トム・クルーズ主演のスパイアクションシリーズ最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の日本語吹替版キャストとして、森川智之根本泰彦手塚秀彰甲斐田裕子ら豪華声優陣の続役が発表された。

【動画】『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』予告編

 本作は、スパイ組織IMFに所属する主人公イーサン・ハント(トム)が率いるスパイチームの活躍を描く。“3つの都市”を標的とした同時核爆発を防ぐため、正体不明の敵に加え、イーサンを疑うCIAエージェント(ヘンリー・カヴィル)に立ち向かいながら、ミッションを遂行していく。

[PR]

 主人公イーサン・ハントの吹替えは、前作に引き続き森川が担当。「どんなストーリーになるかも今から気になるところですが、トムのノースタントによるアクションには、これまで以上に大注目しています。そんなトム演じるイーサン・ハントを、皆さんが思いっきり楽しんでもらえるように頑張るのが、私のミッションです! 期待してください!」と意気込みを語っている。

 チームのガジェット担当であるベンジー(サイモン・ペッグ)の声を担当する根本は「サイモン(・ペッグ)は知性に溢れ喋りも速く、毎回収録では悲鳴を上げていますが、完成品を家族で楽しむ幸福で全ては報われます」とコメント。またイーサンに次ぐシリーズ最多登場となるルーサー(ヴィング・レイムス)役の手塚は「またルーサーに会える喜び。自分自身も楽しみながら収録を迎えたいと思います」と歓喜。女スパイ・イルサ(レベッカ・ファーガソン)役の甲斐田は、自身が担当するキャラクターを「古風で異国情緒のある、とてもミステリアスな美女」と表現し、「今回はどんな姿を、活躍を見せてくれるのかワクワクしています」と語っている。

 その他、イーサンの妻ジュリア(ミシェル・モナハン)の吹き替えを岡寛恵が、悪のスパイ組織「シンジケート」のボス、ソロモン・レーン(ショーン・ハリス)を中尾隆聖が、新IMF長官アラン・ハンリー(アレック・ボールドウィン)を田中正彦が務める。本作のゲスト声優として、ロックミュージシャンのDAIGOと女優の広瀬アリスが参加する。(編集部:倉本拓弥)

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は8月3日より全国公開

危機が連鎖する2分半!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』予告編 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]