健太郎、声優初挑戦!映画版『ドライブヘッド』追加キャスト発表

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
声優初挑戦となる健太郎

 玩具メーカーのタカラトミーが原作を務める劇場アニメーション『映画ドライブヘッド~トミカハイパーレスキュー 機動救急警察~』(8月24日公開)の追加声優キャストが発表され、声優初挑戦となる健太郎のほか、内田真礼、お笑いコンビ・トレンディエンジェル斎藤司たかしが参加することが明らかになった。

疾走感!映画『ドライブヘッド』キービジュアル&追加キャスト【画像】

 同作は、ミニカーブランド「トミカ」から生まれたキッズ向けアニメ「トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド ~機動救急警察~」(TBS系)の映画版。アニメは昨年4月から12月まで放送され、関連玩具も累計出荷数が75万個を突破するなど人気を博した。近未来を舞台に、警察や消防、救急のために特化したマシン「ドライブヘッド」に乗り込んで街の平和を守る小学生たちの活躍が描かれる。ボイスキャストにはアニメ版と同様に、藤原夏海國立幸真堂圭三澤紗千香などが名を連ねる。

[PR]

 今回、映画版の追加声優キャストが決定し、健太郎が声優に初めて挑戦することが発表された。昨年は『デメキン』に主演したほか5本の映画に出演する活躍ぶりで、今年も映画『コーヒーが冷めないうちに』『覚悟はいいかそこの女子。』、ドラマ「今日から俺は!!」などが控えている。今春から内田と共にMCを務める映画紹介番組「ムビふぁぼ」(TBS系)で、内田から発声のレクチャーを受けるなど声優業に関心を示していた健太郎だが、番組をきっかけに出演が決まった本作で、どのような演技を見せるのか期待が高まる。なお、気になる役どころは、まだ明らかにされていない。

 テレビシリーズから引き続きトレンディエンジェルの2人も出演し、機動救急警察に敵対する天才科学者の下で働く悪党コンビの声を担当することが明らかに。テレビ版の最終話で行方不明となったコンビが、再びコントのような掛け合いを披露する。また、アニメ「中二病でも恋がしたい!」「アオハライド」などの人気声優の内田が、物語のキーパーソンとなる謎の少年・テラの声を担当。テラの正体は、悪の人工知能が乗りうつったアンドロイドという設定で、妖艶でどこか陰を感じさせる演技で主人公たちを窮地に追い込んでゆく。

 あわせて、映画版の新たなキービジュアルが公開。新形態のマシンも加わった4体のドライブヘッドの後ろに「新幹線変形ロボ シンカリオン」の姿を確認することができる。主人公たちの周りには、日産自動車が監修したオリジナルデザインのGT-Rが疾走しており、躍動感あふれるビジュアルに仕上がっている。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]