藤原竜也、謎だらけの役に!『22年目の告白-私が殺人犯です-』今夜の金ローで

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
藤原竜也、謎の男役 - (C) 2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

 映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』が8日、「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系、夜9時~)で放送される。主演を務める藤原竜也は、過去にはいわゆる“クズ”役を担当することも多かったが、同作では連続殺人犯だと名乗り出る謎の男・曾根崎雅人を怪演した。

【写真】映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』出演者ずらり!

 未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件の犯人だと名乗り出た男・曾根崎(藤原)と、犯人を追っていた刑事・牧村航(伊藤英明)との攻防を描く本作。曾根崎は、書籍「私が犯人です」を発売して一躍“時の人”となるが、事件の被害者家族たちは怒りと悲しみが再燃し、復讐を計画する。

[PR]

 藤原は、映画『カイジ』シリーズ、『藁の楯 わらのたて』などの作品でクズ役を熱演。絶叫する演技などが印象的だが、同作では感情を抑えた謎だらけの人物に。本作の取材で曾根崎という役について「多くの人が共感できる男でもある。こういうキャラクターは演じたことがなかった」と話し、新たな挑戦と語っていた。

伊藤英明と藤原竜也 - (C) 2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

 藤原はインタビューで、メガホンを取った入江悠監督から声のトーンやセリフの言い回しまで細かく演出されたことも明かしている。この抑えた演技が、観る側に「なぜ事件の犯人だと告白したのか」と疑問を持たせ、曾根崎の動作や言葉の一つ一つが緊張や不安を感じさせる。

 藤原は、映画『僕だけがいない街』、ドラマ「リバース」では、さえない普通の男にふんしており、近年さらに役の幅を広げている。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]