「チャンネルはそのまま!」実写ドラマ化 原作舞台の北海道テレビで制作・放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
連続ドラマ化される「チャンネルはそのまま!」 - (C)佐々木倫子/小学館

 「動物園のお医者さん」「おたんこナース」などで知られる札幌在住の漫画家・佐々木倫子の人気作「チャンネルはそのまま!」を、舞台のモデルとなった北海道テレビが連続ドラマ化。2019年3月より同局で放送、Netflixで先行配信されることが決定した。『踊る大捜査線』シリーズや映画『曇天に笑う』などの本広克行が総監督を務め、北海道テレビの人気ローカル番組「水曜どうでしょう」のクリエイターが監督、プロデューサーとして参加する。

【動画】「チャンネルはそのまま!」ドラマ化!本広克行総監督らインタビュー

 北海道テレビ(以下HTB)の開局50周年の特別企画として制作される本作。原作漫画は、2008年から2013年まで週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)に連載され、単行本6巻の累計発行部数は100万部を突破。札幌のローカルテレビ局を舞台に、不思議なパワーを持つ新入記者・雪丸花子と、彼女に振り回される同期や周囲のテレビマンたちを描く痛快コメディーだ。

[PR]

 撮影は、原作のモデルとなった現在のHTB社屋で敢行。今年9月に札幌の中心部に社屋を移転するのを機に、旧社屋をドラマのセットにするという。

藤村忠寿監督、本広克行総監督、嬉野雅道プロデューサー

 「水曜どうでしょう」のディレクター・藤村忠寿嬉野雅道が監督とプロデューサーにそれぞれ名を連ね、脚本を、テレビドラマ「咲-Saki-」シリーズや「脳にスマホが埋められた!」などの森ハヤシが担当する。

 本広監督はHTBからのオファーを受けた経緯について、自身がディレクターとして2006年より地元・香川で毎年開催してきた「さぬき映画祭」が縁になったことを挙げている。「水曜どうでしょうに魅せられてしまいまして、自分も地方、故郷でさぬき映画祭をやっていて、2人にすごくお力を借りてやっていて、『いつかうちのも手伝えよ』って、その流れでまさかドラマをやることになるとは」(編集部・石井百合子)

HTB開局50周年ドラマ「チャンネルはそのまま!」は、2019年3月より北海道ローカルにて放送、Netflixにて独占先行配信

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]