池脇千鶴「地味で…」観客に感激 安藤政信は役名ど忘れ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
観客の反応に胸がいっぱいの池脇千鶴、会場を沸かせた安藤政信

 女優の池脇千鶴が7日、舞台となった千葉県船橋市で行われた映画『きらきら眼鏡』初日舞台あいさつに登壇。池脇いわく「地味で静かな映画」だが、舞台あいさつは安藤政信のぶっちゃけトークもさく裂し、大いに盛り上がった。イベントには金井浩人古畑星夏杉野遥亮片山萌美犬童一利監督、森沢明夫(原作)も登場した。

【写真】杉野遥亮・古畑星夏も!『きらきら眼鏡』初日舞台あいさつの様子

 本作は、一冊の古本がきっかけで知り合った、恋人を亡くした青年・立花明海(金井)と余命宣告をされた恋人がいる女性・大滝あかね(池脇)の姿を追ったヒューマンドラマ。新人の金井と、池脇がダブル主演した。

[PR]

 池脇は「こんなにたくさんの人が、こんな結構地味で静かな映画を観に来てくれたことが本当に嬉しいです」とあいさつ。観客に「どうでしたか?」と問いかけ、大きな拍手をもらうと「もう胸がいっぱいです。ありがとうございます」と安堵の表情を見せるが、その後に森沢が「地味で静かな原作を書いた森沢明夫と言います」となぞると、自分のうっかり発言に笑うしかないようだった。

 池脇演じるあかねの恋人・木場裕二役の安藤は「自分の名前(役名)ちょっと忘れちゃって」とまさかの告白。名前は自分で思い出し、名字は共演者から教えられると、「ここ最近忙しくて、役を渡り歩いているので忘れてしまって」と照れ笑い。さらに「今日もこの後ロケで、今、俺待ちって連絡が来て急がないといけないんですよね」とぶっちゃけ、場内の笑いをさらった。

 しかし、新人・金井とのシーンの話になると「毎日感動して、リアルに共有しあった」としみじみ。池脇も「本読みした時からもう出来上がっているというか、かなわないなという感じはしました。当たり前に存在している感じとか」と自然な演技に舌を巻いた。その金井は「映画が好きで、ずっと見てきたお二人は素晴らしいことはもちろんですが、ずっと対等でいてくれたし、僕が明海に入りやすいように(現場を)作ってくれたので感謝しかない」と頭を下げた。

[PR]

 市民参加型の映画として、千葉県船橋市の協力の下で製作された本作。千葉県出身の杉野は「劇中で出てきた駅は結構撮影で使われていて、学生の頃は撮影が来ているだけで舞い上がっていた」と振り返りつつ、今は「俺んちの近くの駅、格好いいだろ! と自慢したくなります」と嬉しそうに話していた。(取材:錦怜那)

映画『きらきら眼鏡』はTOHOシネマズ ららぽーと船橋で先行公開中、9月15日より有楽町スバル座ほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]