シネマトゥデイ

高杉真宙、加藤諒、渡辺大知の壮絶バトル!『ギャングース』予告編が公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『ギャングース』新ビジュアル - (C) 2018「ギャングース」FILM PARTNERS (C) 肥谷圭介・鈴木大介/講談社

 高杉真宙加藤諒渡辺大知らが出演する映画『ギャングース』(11月23日公開)より、予告編が公開された。

映画『ギャングース』予告編

 ルポライターの鈴木大介による取材を基に、裏社会の実態を描いた肥谷圭介の漫画を実写映画化した本作。主人公は、犯罪集団だけを標的とする窃盗“タタキ”稼業で過酷な社会を生き抜こうとする3人の少年たち。『SR サイタマノラッパー』シリーズなどの入江悠がメガホンを取った。

[PR]

 予告編には、サイケ(高杉)、カズキ(加藤)、タケオ(渡辺)の3人の姿を中心に、ド迫力のタタキや最凶の半グレ集団・カンパニー“六龍天”と戦うアクションシーンが満載。一方で、「俺らに守るモンなんか何もねぇしな」「俺らみたいな裏にも表にも行けない半端なカス野郎に何が出来るんだよ!」といったセリフは印象的で、サイケたちが生きることに苦悩する姿も切り取られている。

 あわせて公開された新ビジュアルには、サイケ、カズキ、タケオの最弱タタキ集団に加えて、六龍天を率いる安達(MIYAVI)、安達の部下として詐欺店舗を統括する加藤(金子ノブアキ)と、その部下のアゲハ(篠田麻里子)、情報屋兼道具屋の高田(林遣都)や、キャバ嬢のユキ(山本舞香)、タタキ稼業の中でカズキらに引き取られる少女・ヒカリ(伊東蒼)の姿が写し出されている。(編集部・小山美咲)

映画『ギャングース』はTOHOシネマズ日比谷ほかにて11月23日より公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]