ニコール・キッドマン、トム・クルーズとの結婚で「セクハラから守られた」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ニコール・キッドマン&トム・クルーズ(1999年撮影) - RONCEN Patrick / Getty Images

 ニコール・キッドマン(51)が、トム・クルーズ(56)との結婚によってハリウッドでの「セクハラから守られた」と当時を振り返った。

【画像】美男美女すぎる!若き日のトム&ニコール

 二人は『デイズ・オブ・サンダー』での共演をきっかけに1990年に結婚。約11年の結婚生活では2人の子供を養子にし、2001年に離婚した。米雑誌ニューヨーク・マガジンの「ウィメン&パワー」特集にエッセイを寄稿したニコールは、「トム・クルーズと結婚したのはわたしが22歳の時で、このことを話すのはいつも気が進まない。なぜならわたしは今、最愛の人(ミュージシャンのキース・アーバン)と結婚していて、彼に悪い気がするから」と前置きしながらも、トムと結婚していた当時を述懐。

[PR]

 「わたしが若くして結婚して手に入れたものは、“パワー”ではなく“保護”だった。愛のために結婚したけれど、ものすごく力のある男性と結婚したことが、わたしをセクハラから守ってくれた。仕事場でもすごく守られていたの」とニコール。「だから32歳か33歳で離婚した時、わたしは成長しなくてはいけなかった」とその時、トムの庇護の力がいかに大きいものだったかを知ったと打ち明けた。

 ニコールは『ムーラン・ルージュ』(2001)でのオスカー初ノミネートに続き、翌年の『めぐりあう時間たち』(2002)では見事アカデミー賞主演女優賞に輝くなど、トムとの離婚後もハリウッドで力を示し続け、今や言わずと知れた演技派女優となっている。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]