アカデミー賞長編アニメ部門エントリー作発表!日本からも多数!

第91回アカデミー賞

エントリーされた映画『インクレディブル・ファミリー』
エントリーされた映画『インクレディブル・ファミリー』 - (C) 2018 Disney / Pixar. All Rights Reserved.

 現地時間24日、映画芸術科学アカデミーが第91回アカデミー賞長編アニメ映画部門にエントリーされた25作を発表した。『インクレディブル・ファミリー』『シュガー・ラッシュ:オンライン』といった同部門常連のディズニー&ピクサー映画に加え、日本からも多数の作品がエントリーされている。

ディズニープリンセス大集合!『シュガー・ラッシュ:オンライン』予告編

 日本からは、細田守監督作『未来のミライ』、草なぎ剛らが声優を務めた日仏合作の『ムタフカズ』、世界最大のアニメ映画祭・アヌシー国際アニメーション映画祭で最高賞に輝いた『夜明け告げるルーのうた』、「幸福の科学」の大川隆法が製作総指揮と原案を手掛けた『宇宙の法-黎明編-』、そして『夜は短し歩けよ乙女』『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』『リズと青い鳥』『さよならの朝に約束の花をかざろう』の8作がエントリー。ウェス・アンダーソン監督が日本を舞台にしたストップモーションアニメ『犬ヶ島』もある。

[PR]

 エントリー作が正式にノミネートされるには、期限までに米国内での劇場公開といった規定を満たす必要がある。第91回アカデミー賞のノミネーションは2019年1月22日に発表され、長編アニメ映画部門では最大5作品が最終的な候補となる。(編集部・市川遥)

第91回アカデミー賞長編アニメ映画部門エントリー作25作は以下の通り。
『インクレディブル・ファミリー』
『シュガー・ラッシュ:オンライン』
『犬ヶ島』
グリンチ
アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~
スモールフット』 
スパイダーマン:スパイダーバース
モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!
『名探偵シャーロック・ノームズ』
『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』
『宇宙の法-黎明編-』
『リズと青い鳥』
『夜明け告げるルーのうた』
『ムタフカズ』
『さよならの朝に約束の花をかざろう』
『未来のミライ』
『夜は短し歩けよ乙女』
『オン ハピネス ロード』
『ルーベン・ブラント、コレクター(英題) / Ruben Brandt, Collector』
『エスジーティー・スタビィー:アン・アメリカン・ヒーロー(原題) / Sgt. Stubby: An American Hero』
『ティーン・タイタンズGO! トゥ・ザ・ムービー(原題) / Teen Titans Go! To The Movies』
『トール・テイルズ(英題) / Tall Tales』
『アナ・イ・ブルーノ(原題) / Ana y Bruno』
『ティト・アンド・ザ・バーズ(英題) / Tito and the Birds』
『ハヴ・ア・ナイス・デイ(英題) / Have a Nice Day』

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]