菅田将暉、念願の教師役 永野芽郁共演の連ドラ来年1月期放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
新ドラマ「3年A組ー今から皆さんは、人質ですー」で再共演する菅田将暉&永野芽郁

 俳優の菅田将暉が、来年1月期の日本テレビ系日曜ドラマ「3年A組ー今から皆さんは、人質ですー」で初の教師役に挑むことが13日、日本テレビより発表された。念願かなっての教師役に、菅田は「高校時代、実際に教師を目指していた時期があり、役者になってからも、いつかは演じてみたいと思い描いていたので、今回それが叶い、大変嬉しいですし、光栄に思っています」とコメント。菅田にとって、ゴールデン・プライム帯(午後7時~午後11時)の民放連続ドラマの単独主演は初。共演に、朝ドラ「半分、青い。」後、初の連ドラ出演となる永野芽郁

【写真】菅田将暉&永野芽郁共演の2017年の映画

 本作は、卒業式を目前に29人の生徒を人質にとり、最後の授業を行う高校教師を描く学園ミステリー。卒業式までの10日間の物語で、“授業”の中で数か月前に自ら命を絶ったある生徒の死の真相が解き明かされていく。菅田は高校教師・柊一颯(ひいらぎ・いぶき)に、永野は彼の受け持つ3年A組の生徒・茅野さくらにふんする。2人は2017年公開の映画『帝一の國』での共演も話題を呼んだ。

[PR]

 2年前に赴任した目立たない美術教師だったはずが、ショッキングな事件を引き起こす謎めいた人物へと変貌を遂げる主人公を演じる菅田。今年も『となりの怪物くん』『銀魂2 掟は破るためにこそある』など映画公開が相次ぎ、現在『生きてるだけで、愛。』が上映中。これまで連ドラでは、2009~2010年放送の「仮面ライダーW(ダブル)」で桐山漣と、2015年の深夜ドラマ「民王」で遠藤憲一と、今年7月クールの深夜ドラマ「dele(ディーリー)」では山田孝之とダブル主演を務めているが、満を持して初のゴールデン・プライム帯民放連ドラ単独主演を果たす。

 菅田は本作に「高校生役はこれまでも様々な作品で演じさせて頂きましたが、25歳という今の年齢で、教師という視点で、『学校』を見ることが出来るのは非常に楽しみです。僕が学生だった頃とも生徒同士、生徒と先生の空気感や距離感も変わってきていると思うので、できれば撮影前に高校にも出向き、実際の空気を肌で感じ、現役の先生方の話などを聞いて、リアルな教師像をリサーチし体現していけたらと考えています」と意気込み。「『今という時代』や『僕らが思っていること』をリアルに表現することで、後の世代の人にとっても、この時代ならではの教師像を映像として残せればと思っています」と目標を掲げている。

 脚本は、テレビドラマ「電車男」(2005・フジテレビ系)や映画『クローズZERO』(2007)、「仮面ライダービルド」(2017~2018・テレビ朝日系)などの武藤将吾。演出を「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」(2018年4月クール・日本テレビ系)、「サバイバル・ウェディング」(2018年7月クール・日本テレビ系)などの小室直子らが務める。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]