今夜金ロー、ハリポタ『死の秘宝』観る前に! 思い出したい4つのコト

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
今夜放送! - TM & (C) 2010 Warner Bros. Ent. , Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R.

 映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』が16日よる9時、日本テレビ系の金曜ロードSHOW!で放送される。シリーズを観たことがあっても、内容はうろ覚え……なんて人も多いのでは? 今夜の放送を前に、前作までのあらすじを振り返りたい。(編集部・中山雄一朗)

【画像】かわいすぎ!初期のダニエル・ラドクリフ

スネイプがダンブルドアを殺した

 前作『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(シリーズ第6弾)のラストでは、ホグワーツ魔法魔術学校のスネイプ先生が、ダンブルドア校長を殺害するという衝撃の展開が! スネイプはなぜダンブルドアを裏切ったのか? シリーズ最終章となる『死の秘宝』ではその正体も大きな見どころだ。

[PR]

Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

分霊箱(ホークラックス)とは?

 『死の秘宝』でキーとなるのが、分霊箱(ホークラックス)の存在。分霊箱とは、自らの魂を切り分けて、それを隠したもののことで、たとえ体が滅びようと分割された魂が無事である限り、死なずにいられる。闇の帝王・ヴォルデモートは魂を7つに分けて分霊箱を作ったとされ、これらを見つけて破壊することがヴォルデモートを倒すカギとなる。

Eric Charbonneau / WireImage / Getty Images

すでに破壊した分霊箱は2つ

 『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(シリーズ第2弾)でハリーが壊した「トム・リドルの日記」、前作でダンブルドアが破壊したことが明らかになった「マールヴォロ・ゴーントの指輪」の2つ。前作の終盤でハリーとダンブルドアが見つけ出したペンダント型の「ロケット」は偽物だった。そのためヴォルデモート自身の肉体に宿る魂を1つとして、残り4つの分霊箱があると考えられる。

RABって誰なの?

 前項で触れたように、前作のラストで「ロケット」は偽物だったことが発覚。その中には「RAB」を名乗る者からの手紙が収められており、ハリーたちはダンブルドアの遺志を継いでホグワーツを離れ、分霊箱を捜す旅に出ることを決意した。

TM & (C) 2010 Warner Bros. Ent. , Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R.

(おまけ)グリンデルバルドに注目!

 実は『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』でジョニー・デップが演じる“黒い魔法使い”グリンデルバルドの名も、この『死の秘宝 PART1』で登場していた。『ファンタビ』を観る上でも、ぜひとも注目しておきたいキャラクターだ。

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は11月23日より全国公開 (C) 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) J.K. Rowling

 なお、来週23日は『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』、再来週30日は『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が放送される。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]