横浜流星がピンク髪に!深田恭子主演「初めて恋をした日に読む話」新ビジュアル

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
横浜流星がイケメン不良高校生に - (C) TBS

 深田恭子が主演を務めるドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS系、2019年1月スタート)から、髪をピンク色に染めた横浜流星の姿を捉えた新ビジュアルが公開された。

横浜流星が熱唱!アーティストとしての顔も【写真】

 同ドラマは、持田あきによる同名コミックを原作に、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子がタイプの異なる3人の男性からアプローチされるラブコメディー。主人公の残念なアラサー女子・春見順子を深田が演じ、彼女にアプローチする3人の男性役には永山絢斗、横浜、中村倫也という人気若手俳優陣が決定している。今回、ビジュアルが公開された横浜ふんする由利匡平は、ピンクの髪をしたイケメン不良高校生という役どころ。

[PR]

 ドラマでは、三流予備校講師である順子のもとに匡平がやってきて、一緒に東大合格を目指すことからストーリーが急速に展開していくことになる。そんな重要人物である匡平を演じる横浜は、今回の役づくりのために髪をピンク色に染めたという気合の入りぶり。東大合格に挑む匡平と二人三脚で奮闘する順子の密着した関係にも期待が膨らむ。

原作コミックの装丁 - (C) 持田あき/集英社

 役づくりについて横浜は「匡平が髪をピンクに染めている、というのはこのお話でとても大切な部分だと思っています。実写でリアルに存在する感じで自然なピンクにするのは大変でしたが、監督、スタッフのみなさまもこだわってくださり、試行錯誤を重ね今の髪色になりました。このピンク髪とともに、ただの不良少年ではなく、根は真面目で真っ直ぐな匡平が、厳格な父親との関係性を丁寧に、繊細に、作っていきたいと思います!」と語っている。

 今年は映画『兄友』『虹色デイズ』で主演を務めるなど、活躍が続いた横浜。上白石萌音杉野遥亮と共演する映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』(2019年3月21日公開)では、赤髪姿で演技を披露するが、今回のドラマでも横浜の新たな一面を見ることができそうだ。

[PR]

 さらに、ドラマを彩る追加キャストが新たに発表。順子の親友でキャバクラのオーナー松岡美和役を安達祐実、順子の父・春見正役を石丸謙二郎、文科省局長で堅物な匡平の父・由利菖次郎役を鶴見辰吾、順子が働く塾「山王ゼミナール」の塾長を務める梅岡道真役を生瀬勝久が務める。さらに、順子が東大受験に失敗してから険悪な仲になってしまった鬼母・春見しのぶ役には、檀ふみが決定した。(編集部・大内啓輔)

ドラマ「初めて恋をした日に読む話」はTBS系にて2019年1月スタート(毎週火曜夜10:00~)

「初めて恋をした日に読む話」みどころ

 恋も受験も就職も失敗した32歳のアラサー女子・春見順子(深田恭子)は、やる気も希望も何もなくクビ寸前な三流予備校で講師をする日々を送っていた。そんな彼女のもとに突然、おバカ学校のピンクの髪をしたイケメン不良高校生・由利匡平(横浜流星)が「俺を東大に入れてくんない?」とやって来て──!? 名前を書けば入れるおバカ高校の生徒が東大合格なんて……ましてや東大受験に失敗した順子が人を東大に合格させるなんて……絶対に無理! そんな中、東大出のエリート商社マンで幼馴染の従兄弟・八雲雅志(永山絢斗)が海外赴任から帰ってくるなり、順子に突然のプロポーズ!? さらに匡平の高校の担任教師が、順子と同級生でかつて唯一順子に告白をしてきてくれた山下一真(中村倫也)で……。 
 順子の気付かぬところで恋のフラグが立っている!? 匡平の東大受験という転機を迎えて、人生を取り戻し、ドキドキでキュンキュンな驚きの出来事がいくつも待ち受けていようとは思いもせずに……。いちいち残念な32歳しくじり鈍感女子は、運命の恋に巡り会うことができるのか!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]