BEGINが主題歌!安田顕主演『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』予告編公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ポスタービジュアル - (C)宮川サトシ/新潮社(C)2019「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」製作委員会

 宮川サトシが実体験をつづったエッセイ漫画を安田顕主演で映画化する『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』(2019年2月22日公開)の予告編が公開。安田演じる漫画家志望の主人公が、ベテラン・倍賞美津子演じるパワフルな母が先立つまでの涙あり、笑いありの交流が切り取られている。

【動画】BEGINの主題歌も!『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』予告編

 2013年にWEB漫画サイト「くらげバンチ」で連載スタートし、SNSなどで反響を呼んだ宮川のエッセイ漫画に基づく本作。映画『まほろ駅前』シリーズや『日日是好日』などの大森立嗣監督がメガホンを取り、サトシの恋人・真里に松下奈緒、父兄に石橋蓮司村上淳がふんする。

[PR]

 予告編は、サトシが棺桶に向かって「おふくろ、お疲れ様」と呼びかけるシーンからスタート。そこから突然の母の胃がん宣告、母と田舎道を歩いた幼少期の思い出、死にゆく母のための滝修行など、怒濤の日々が映し出される。

 「死」を扱いながらもどこか軽やかなタッチが印象的だが、サトシが「医者が何と言おうとさ、俺がいるから大丈夫だよ!」と母を励ます姿や、母が遺したものを知って号泣する姿など胸が締め付けられる場面も。

 なお、主題歌をBEGINが担当することも発表され、予告編には書き下ろしの楽曲「君の歌はワルツ」も挿入されている。BEGINは「今回の楽曲は来年も再来年もこの先いつ聴いても、同じ感覚で聞けるような曲になったらいいなと思って、奇をてらわずストレートに書きました」とコメントを寄せている。(編集部・石井百合子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]