『ボヘミアン・ラプソディ』がV2!前週比110%の好成績

映画週末興行成績

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
『ボヘミアン・ラプソディ』より - (C) 2018 Twentieth Century Fox

 土日2日間(11月17日~11月18日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの伝記ドラマ『ボヘミアン・ラプソディ』が2週連続で1位を獲得した。

【動画】 『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレックら来日!仲良し!

 同作は2日間で観客動員26万2,913人、興行収入3億8,850万円を記録し、先週の公開週末対比で110%という好成績を残した。これは最終興収53億円の『グレイテスト・ショーマン』の2週目週末と比べても107%という高い数字だ(配給調べ)。

[PR]

 配給元の発表によると満席・完売が続出しており、クイーン世代の夫婦、女性同士、大学生など20代男女をふくむ幅広い層が劇場に足を運んでいる。また、全国109館で“胸アツ”応援上映が行われことが、リピーターを生む結果にもつながったようだ。今週24日はフレディ・マーキュリーの命日のため、さらなる数字の伸びが期待される。

 トム・ハーディ主演のマーベル映画『ヴェノム』は公開3週目でも先週に引き続いて2位を維持している。19日時点で累計動員112万9,988人、累計興収16億5,498万5,700円となり、動員が100万人を突破した(配給調べ)。

 新作では篠原涼子西島秀俊が共演し、東野圭吾のベストセラー小説を堤幸彦監督が映画化した『人魚の眠る家』が3位に初登場。韓国のヒップホップグループ・BTS防弾少年団)のワールドツアーに密着した『Burn the Stage : the Movie』が7位にランクインした。

 勤労感謝の日の祝日をふくむ3連休となる今週は『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』『家族のはなし』『ギャングース』『ニート・ニート・ニート』『ハード・コア』『イット・カムズ・アット・ナイト』『斬、』などが公開される。(編集部・海江田宗)

[PR]

【2018年11月17日~11月18日の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)】※()内は先週の順位

1(1)『ボヘミアン・ラプソディ』:2週目
2(2)『ヴェノム』:3週目
3(初)『人魚の眠る家』:1週目
4(4)『スマホを落としただけなのに』:3週目
5(3)『ういらぶ。』:2週目
6(5)『映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』:4週目
7(初)『Burn the Stage : the Movie』:1週目
8(6)『GODZILLA 星を喰う者』:2週目
9(8)『旅猫リポート』:4週目
10(初)『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』:1週目

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]