長澤まさみ、木村拓哉に悪役&朝ドラ出演を熱望

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
撮影を通して絆が深まった小日向文世(左)、木村拓哉(中央)、長澤まさみ(右)

 女優の長澤まさみが18日、都内で行われた映画『マスカレード・ホテル』初日舞台挨拶に木村拓哉と登壇し、今後木村が演じるべきキャラクターを提案した。この日は、小日向文世渡部篤郎鈴木雅之監督も来場した。

【フォトギャラリー】木村拓哉&長澤まさみがテープカットに挑戦!

 木村とは初共演だった長澤だが、撮影を通して打ち解けたようで、共通の友人である先輩の小日向を含めて、和やかな様子。木村は、「暴露トークになるのでよろしくないですが」と前置きしつつ、「小日向さんは常に携帯電話をお持ちになって、隙あらば写真を撮っています」と告白。さらに、「長澤さんと小日向さんは、傍から聞いていても苦しくないくらいの“タメ口”トーク。長澤さんが『そうじゃないよ~』とずっと(小日向さんに)おしゃっていました」と明かし、会場の笑いを誘った。

[PR]

 一方、木村に今後やってほしい役を尋ねられた長澤は、「すごい悪い役が見たい」とコメント。「木村さんはスーパーマンみたいな、何でもできちゃう印象があるので、逆を行くというのは面白いだろうな。全然いいところがない悪がいい」と木村の悪役挑戦を熱望した。

 すると木村は、以前にも長澤から、今後演じるべき役を提案されたことを告白。「撮影中はずーっと、NHKの朝の(連続)テレビ小説に出てくる、(ヒロインの)死んでしまったお父さんをやるべきです」と言われたそうで、それについて長澤は「ヒロインが行き詰まったときに出てくる(役)」と補足。木村は、長澤がホテルマンの劇中衣装のまま真剣な顔つきで言ってきたことを明かし「本当にやるべきなのかなと考えました」と冗談を交えて振り返っていた。

 同作は、東野圭吾の小説「マスカレード」シリーズ第1弾「マスカレード・ホテル」を実写化したミステリー。連続殺人事件の次の現場とされるホテルに潜入したエリート刑事・新田浩介(木村)とホテルマンの山岸尚美(長澤)がタッグを組み、屈指の難事件に挑むさまが描かれる。(取材:錦怜那)

映画『マスカレード・ホテル』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]