新井浩文の逮捕、波紋広がる…『台風家族』延期など

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
新井浩文 - Koki Nagahama / Getty Images

 俳優・新井浩文が逮捕されたことを受け、出演映画『台風家族』の公開が延期された。また、ダブル主演の一人を務める映画『善悪の屑』も今後の対応を検討するとしている。

【写真】『台風家族』のキャストたち

 新井の所属事務所は2月1日に「所属俳優新井浩文の件につきまして」という文書で、「本日、弊社所属俳優の新井浩文が女性への暴行容疑で逮捕されました。現在、弊社として詳細な事実関係を確認できておりませんが、このような事態となりましたことは誠に遺憾であり、被害者の方及び関係者の皆さまには深くお詫び申し上げます。今後、詳細が分かり次第、誠意を持って対応させていただく所存です」と謝罪した。

[PR]

 6月の公開を予定していた映画『台風家族』は、ある一家の兄妹が実家に帰省した際に起こる騒動をブラックユーモアを交えて描くコメディーで、新井は次男役で出演。配給のキノフィルムズはTwitterで「映画『台風家族』出演の新井浩文さんの逮捕報道を受け、2019年に予定しておりました同映画の公開を延期することと致しました。事件の経過を見ながら今後の対応を決めて参ります。公開を楽しみにしてくださっていた皆様、申し訳ございませんが、お待ち頂きたくお願い申し上げます」と公開延期を発表した。

 監督の市井昌秀も「台風家族を楽しみにしていて下さる皆様へ 事実関係が全て明らかになっていないので深く言及することは避けますが、新井くんの件には大きな衝撃を受けています。映画はお客さんに届いて初めて完成です。だからまだ未完成。僕は監督として『台風家族』のためにやるべきことを、できることを進めます」とツイート。市井監督のツイートを受け、長男役で主演の草なぎ剛も「僕も同じ気持ちです。しばらく時間はかかりますが、もう一度、スタッフキャストが気持ちを揃えて前に進んでいきましょう。この作品を応援してくれている皆さん本当に申し訳ありません。そして今後もよろしくお願いします」とTwitterで思いを明かしている。また、長女役のMEGUMIも「必ず公開されますように」と願っている。

[PR]

 映画『善悪の屑』は、漫画家・渡邊ダイスケの代表作の実写化。古書店を営むかたわら、依頼人からの復讐代行を担っているカモとトラを描いている。新井はカモ役で主演の一人だった。配給の日活は「当社の製作・配給する映画『善悪の屑』に出演する新井浩文氏の逮捕報道を受け、現在、関係各所と協議を続けております。捜査状況を確認しながら今後の対応を検討いたします」と公式サイトで報告している。原作者の渡邊は「関係者の方々には被害にあわれた女性が、これ以上傷つかないよう守って頂きたいと思います。どう謝罪して、どうケアしていくのかを最優先に考えて行動するべきです。映画の今後について考えるのは、その後です」とツイートしている。(清水一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]