高橋一生&川口春奈が涙…『九月の恋と出会うまで』新映像

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
高橋一生がタイムパラドックスについて熱弁 - (C) 松尾由美/双葉社 (C) 2019 映画「九月の恋と出会うまで」製作委員会

 高橋一生川口春奈がダブル主演を務める映画『九月の恋と出会うまで』(3月1日公開)の特別映像が公開された。映像では、高橋が号泣する場面など、時空を超えて繰り広げられるラブストーリーから印象的な場面が切り取られている。

高橋一生&川口春奈『九月の恋と出会うまで』タイムパラドックス篇【動画】

 「書店員が選んだもう一度読みたい文庫」恋愛部門第1位に選ばれた松尾由美による同名小説を映画化する本作。少し不思議なマンションに引っ越してきた志織(川口)と小説家を志す隣人の平野(高橋)が織りなす時空を超えたラブストーリーが展開する。今回の特別映像は、物語のモチーフになっているタイムパラドックス(未来と過去の矛盾)に翻弄されながらも、2人が困難を乗り越えていく姿を映したもの。

[PR]

 未来からの声によって命を落とすはずの事故から逃れた志織。しかし、そのことでタイムパラドックスが生じてしまうことを推測した平野は、彼女を助けようと奮闘することになる。特別映像には、現実的でない話を志織から打ち明けられた平野が「信じますよ、僕は」「来年も必ず、誕生日は来ます」と勇気づけるなど、男らしさを披露する姿が収められている。また、迫り来るタイムリミットのなかで、感情を高ぶらせて号泣する平野を熱演した高橋の姿もみることができる。

 高橋は本作に登場するタイムリープの意味について、次のようにコメントしている。「過去や未来にはどうやっても行けない。しかし、過去をもう一回考え直す、過去に起きた価値は変えることができる。過去を後悔するのではなく、反省して改善していけばそれはきっと“今を変えることに繋がる”と考えます。今を変えていけば未来も変わっていきますし、そう思うとタイムリープというものは起きているのかもしれません」。

 監督を務めたのは映画『わたしに××しなさい!』などの山本透。共演者として、浜野謙太中村優子川栄李奈古舘佑太郎ミッキー・カーチスが名を連ねる。(編集部・大内啓輔)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]