大泉洋、池井戸潤の新作で日曜劇場主演!「全身全霊で演じたい」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
低迷するラグビー部の再建に挑む!

 俳優・大泉洋が、作家・池井戸潤の書き下ろしの新作をドラマ化する7月スタートのTBS日曜劇場「ノーサイド」(仮)で主演を務めることになった。TBSの連続ドラマ初主演となる大泉は、池井戸作品に出演するのも初めて。大きなプレッシャーを感じているという大泉は「全身全霊で演じたい」と意気込んでいる。

娘からの手紙に崩れ落ちる大泉洋【写真】

 原作は池井戸の同名小説で、今夏刊行予定の書き下ろしの新作。大手製造メーカー「トキワ発動機」を舞台に、出世の道を断たれた主人公・君嶋隼人と低迷するラグビー部の再起をかけた戦いを描く。

[PR]

 大泉演じる君嶋はトキワ発動機の中堅サラリーマンで、出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、左遷人事で地方工場の総務部長に。かつては強豪チームだったが今は成績不振にあえぐトキワ発動機のラグビーチーム・アストロズのゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられ、ラグビーの知識も経験もない君嶋に、チーム再建という重荷が課せられるという役どころだ。

 「半沢直樹」「下町ロケット」「陸王」といった池井戸作品を映像化してきた福澤克雄が演出、伊與田英徳がプロデューサーを務める。

 大泉は所属する演劇ユニット・TEAM NACS のメンバーでただ一人、池井戸ドラマに出演していなかった。数々の池井戸作品のファンでもあったという大泉は、その池井戸による新作ドラマの主演に「とても嬉しく、光栄であります」と喜び、「大きなプレッシャーも感じていますが、『99年の愛 ~JAPANESE AMERICANS~』『LEADERS II』でもご一緒させていただき、全幅の信頼を寄せる福澤組と一緒にこの君嶋という役を全身全霊で演じたいと思います」と気合十分。

 また、日本でラグビーのワールドカップが開催される年に書き下ろされる、池井戸のラグビーを題材にした新作について「読者として、純粋に楽しみにもしています。絶対面白いでしょ!!」ともコメントしている。

 ネット上では「嬉しすぎる」と歓喜の声が上がり、「すごく楽しみ」と早くも期待が高まっている。(編集部・小松芙未)

日曜劇場「ノーサイド」(仮)は7月スタート(TBS系、毎週日曜よる9時~)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]