これが中村倫也…?『美人が婚活してみたら』非モテキャラが強烈

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
『美人が婚活してみたら』で恋愛偏差値の低い園木にふんする中村倫也 - (C) 2018吉本興業

 美人だが恋愛運のないアラサー女性の切実な婚活模様をユーモアを交えて描いた、とあるアラ子の同名漫画を映画化する『美人が婚活してみたら』(3月23日公開)。本作で、ヒロインが婚活中に出会う男性の一人にふんするのが、人気沸騰の中村倫也。朝ドラ「半分、青い。」のモテキャラから一転、恋愛偏差値の低い三枚目キャラに変身した彼の魅力に迫る。

【動画】中村倫也メイキング バスローブ姿でインタビューも!

 アラサー婚活女子の本音を赤裸々に描いた漫画を、『勝手にふるえてろ』の大九明子監督、お笑いコンビ、シソンヌじろう脚本により映画化する本作。中村が演じるのは、ヒロインのタカコ(黒川芽以)が婚活サイトで出会う商社マン・園木。高学歴でLINEでのやりとりも好印象。タカコは期待に胸を膨らませて初デートに向かうが……。

[PR]

とはいえ可愛らしさも!

 この園木に対し、タカコがまず引っかかったのが私服のダサさ。デートの運びからして女性慣れしていない様子で、色香ゼロ。安らぎをもたらすが、ときめかない。中村と言えば、昨年放送されたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」では穏やかでふわっとした雰囲気を持つ魔性のモテ男、まーくん(正人)に。放送中のドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)では大人の男の魅力を持つ元ヤンの高校教師・一真を好演し、世の女性をとりこにしている中村だが、大九監督はオフィシャルインタビューで園木とはかけ離れた中村を演出するにあたり、以下のようにコメントしている。

 「お芝居に関しては360度何でも表現できる素晴らしい俳優なので心配ありませんでしたが、外見がキレイすぎますし、本人はわりと雄っぽくて王子っぽいので、園木を童貞臭漂う可愛い方向にもっていくために、ヘアメイクや衣装に注意しました」

[PR]
風呂上りも色気ナシ……

 また、脚本を務めたじろうも三枚目に徹した中村について、タカコがホテルで園木と一夜を共にしようとする場面を挙げながら「園木がホテルでパンツを脱ぎ着するところや、頭にタオルを巻いているところはコントにも使いたい場面」と評している。

 経済力もあり優しく真面目で会話も弾む……のに、男性として惹かれない。婚活に生じる切実な問題を象徴するかのような三枚目キャラで新たな魅力を見せる中村。3月22日からは麻生久美子と共演する舞台「クラッシャー女中」が東京で上演開始。『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督が、直木賞作家・中島京子の同名小説を映画化する『長いお別れ』(5月31日公開)では蒼井優の恋人役にふんする。(編集部・石井百合子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]