ピエール瀧出演ゲーム「JUDGE EYES」欧米版はキャラ差替えで発売

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ピエール瀧(写真は2016年撮影)

 セガゲームスは22日、麻薬取締法違反の容疑で逮捕されたピエール瀧が出演するテレビゲーム「JUDGE EYES:死神の遺言」の欧米版について、キャラクターを差し替えて発売する方針を公式サイトで発表した。

 瀧の逮捕報道を受け同社は、同ゲームの出荷及びダウンロード販売の自粛を発表していた。この日の更新では、欧米版について「ピエール瀧容疑者のキャラクターに関して差替えを行い、当初の予定通り6月25日に発売する方針です」と発表。国内版も差し替えが行われるのかについては言及されていない。

 瀧出演作の扱いをめぐっては、各作品で対応が分かれる状況となっている。大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」は瀧が演じていた足袋屋の店主・黒坂辛作役を三宅弘城(みやけ・ひろき)に変更することを19日に発表。また、映画『居眠り磐音』も代役を起用して出演シーンを撮り直し、当初の予定通り5月17日に全国公開予定。『麻雀放浪記2020』は、劇場公開時のポスター、上映前のテロップで瀧が出演していることを明示したうえで、ノーカットのまま4月5日に公開。今秋公開予定の『ロマンスドール』は対応を協議中としている。(西村重人)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]