「まんぷく」岸井ゆきの&深川麻衣“姉妹”が親友役で共演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
映画『愛がなんだ』より。ヒロイン・テルコ(右:岸井)と、その親友・葉子(左:深川) - (C)2019映画「愛がなんだ」製作委員会

 直木賞作家・角田光代の恋愛小説に基づく映画『愛がなんだ』(4月19日公開)の深川麻衣の出演シーンを収めた6点が公開。大人びた茶髪姿に加え、連続テレビ小説「まんぷく」で姉妹を演じている岸井ゆきのとの2ショットも見られる。

【写真】深川麻衣の茶髪姿

 28歳の主人公テルコ(岸井)が、一目ぼれしたマモル(成田凌)に、盲目的に愛を貫くさまを描く本作。乃木坂46を卒業後、主演映画『パンとバスと2度目のハツコイ』(2017)、放送中の主演ドラマ「日本ボロ宿紀行」(テレビ東京系)や朝ドラ「まんぷく」など近年活躍目覚ましい深川が、本作ではテルコの親友・葉子を演じる。

[PR]

 葉子は、達観した価値観を持ちながらも流行りものに目がなく、自分をいちずに愛するナカハラ(若葉竜也)を意図せずして翻弄してしまうという役どころ。深川は、本作を「感情移入して胸が苦しくなるようなシーンもたくさんあるんですが、逆に恋愛って正解が無い分、難しく考えていたのを(本作を)見終わった後にはシンプルにしてくれる作品」と評している。

 公開された場面写真は、キャミソールにショートパンツ、黒のコートにワンピース姿など色香が際立つビジュアルが多数。また、主演の岸井とは「まんぷく」でも共演。岸井はヒロイン・福子(安藤サクラ)の姪・タカを、深川はタカの妹・吉乃を演じており、その岸井と親友同士として共演しているシーンも含まれている。

 30日に最終回を迎える「まんぷく」では、岸井がしっかり者の姉、深川がのんびりマイペースな妹という関係だったが、『愛がなんだ』ではガラリと異なるコンビネーションが見られそうだ。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]