『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』応援チーム募集を発表!エンドクレジットに名前も

公開日決定! 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の片渕須直監督、真木太郎プロデューサー

 12月20日の劇場公開が決定したアニメーション映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のイベントが29日、テアトル新宿で行われ、出席した片渕須直監督、真木太郎プロデューサーから、同作の「応援チーム」発足および参加者募集が発表された。

映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』特報第2弾

 女優・のんが、主人公・すずさんの声優を務め、大反響を呼んだアニメーション映画『この世界の片隅に』に約30分の新規映像を追加する本作。昨年12月の公開を予定していたが、想定していた以上に製作時間を要したため公開が延期。このたび12月20日に公開されることが発表された。

[PR]

 片渕監督は登壇するなり「映画ができましたと発表する場ではないので……」と苦笑いを浮かべると「気合と根性がないと、ここには立てないですよね」と現在も鋭意製作中であることを明かす。さらに司会者から、公開延期の理由を問われると「昨年7月の段階では、頑張ればなんとかなると思っていたのですが、少数精鋭なので加速が利かない。日々ねちねち作り続けることでちゃんとしたものが出来上がるという考え。ダッシュして変なものを作るよりいいかなと思ったんです」と明かしていた。

 そんななか、イベントでは特報の第2弾が公開され、最後に「2019.12.20公開」と公開日も発表。片渕監督は「この時期まで製作が掛かるというわけではないんです」と説明すると、もともと延期前の公開が2018年12月だったと指摘。「以前にも話しましたが、第二次世界大戦というと8月というイメージがありますが、戦争は8月だけではない。ずっと続いている毎日と捉えてもらいたい」と語っていた。
 
 そして、前作ではクラウドファンディングによる「制作支援メンバー」募集が行われた同作だが、今回は「応援チーム」を結成。支援者が「応援チーム」に参加するとエンドクレジットに名前が掲載され、支援者の名前が入った名刺が配られる。それを配るなどして、作品の応援をするという仕組みだ(実費負担)。オフィシャルサイトによると、募集時期は5月下旬開始、7月末終了を予定している。
 
 「もうすぐ観られると思った方には申しわけありません」と謝罪した片渕監督。しかし、12月の公開までには、いろいろな試みで作品を盛り上げることを約束すると「ちょうど映画の冒頭のシーンは12月だったと記憶しています。そのころ、すずさんが装いを変えて皆さんの前に帰ってくると思っていただければ」とファンに向けてメッセージを送った。(磯部正和)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]