A.B.C-Z橋本良亮、時代劇初挑戦!『決算!忠臣蔵』で赤穂浪士に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
A.B.C-Zの橋本良亮 - (C)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

 映画『決算!忠臣蔵』(2019年冬公開)の追加キャストが新たに発表され、A.B.C-Z橋本良亮が出演することが明らかになった。2013年に公開された『劇場版 BAD BOYS J-最後に守るもの-』以来の映画出演となる橋本は、本作で時代劇に初挑戦する。

【写真】めちゃ豪華!妻夫木聡、竹内結子、石原さとみら出演『決算!忠臣蔵』ビジュアル

 東大教授・山本博文の著書「『忠臣蔵』の決算書」を原作とする本作は、忠臣蔵の主人公として知られる大石内蔵助(おおいし・くらのすけ)が実際に残した決算書を基に、討入り計画の実像を記した作品。堤真一が主人公の筆頭家老・大石内蔵助を、岡村隆史が彼を支える勘定方・矢頭長助(やとう・ちょうすけ)を演じる。

[PR]

 橋本ふんする赤穂浪士の1人である武林唯七(たけばやし・ただしち)は、気性が激しく信念を曲げないまじめな性格だが、おっちょこちょいな部分も持ち合わせる人間味のあふれる人物。早くから討入りを主張し、右往左往する内蔵助に決断を迫る急進派の1人として物語の重要な役割を担う。

 撮影初日、橋本は「A.B.C-Zのセンターとしていいところを見せたいです」と意気込み、堂々たる演技を披露。その後も撮影は順調に進んだが、納得のいかないシーンでは20テイク以上撮影を重ねる場面もあった。

 すでに撮影は終えており、初の時代劇に挑んだ橋本は、「やっとわかってきたところです。あっという間の1か月半でした。まだまだできます! また時代劇をやりたいです」と手応えを感じている様子。「今回このような貴重な機会をいただき大変光栄です。初めての時代劇挑戦でしたが、堤さんはじめ、キャストのみなさんスタッフのみなさんに助けていただきながら、とても濃密で幸せな時間を過ごすことができました」と振り返った。

 本作のメガホンを取ったのは、『殿、利息でござる!』『忍びの国』などで知られる中村義洋監督。橋本のほか濱田岳横山裕妻夫木聡竹内結子石原さとみ荒川良々西村まさ彦寺脇康文上島竜兵堀部圭亮山口良一鈴木福千葉雄大滝藤賢一笹野高史が共演に名を連ねる。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]