賀来賢人、金髪からアフロへ!「アフロ田中」連続ドラマ化で主演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
「アフロ田中」賀来賢人と原作者・のりつけ雅春のメッセージイラスト - (C)のりつけ雅春 / 小学館 (C)2019 WOWOW

 俳優の賀来賢人が、映画化もされた漫画家・のりつけ雅春の代表作をWOWOWで実写ドラマ化する「アフロ田中」で主演を務めることが明らかになった。同時に、特報映像も公開された。

【動画】ドラマ「アフロ田中」特報映像

 賀来といえば、日本テレビ系ドラマ「今日から俺は!!」で金髪ヤンキー・三橋を演じて話題を呼んだばかり。本作では一転、アフロヘアーの青年・田中を演じることになり「とても嬉しかったですし、非常に挑戦し甲斐のある作品だなと。気合いが入りました。僕もかなりの天パで、絶好調の時はアフロなので、田中には共感しかありません」と喜びを明かす。

[PR]

 原作は「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)にて2002年から現在まで連載。どうでも良いような日常や青春の機微を独自のセンスで捉え、ゆるいオチで毎話完結していく物語は幅広い層の支持を獲得し、累計発行部数は570万部(電子書籍含む)を超える。原作は田中の状況に合わせて都度タイトルを変更しており、今回のドラマでは「上京 アフロ田中」を中心に扱うという。

 原作者・のりつけもドラマ化の決定に、「うぉーーーーー!! て感じ。やったーーーー!! て感じ」と大喜び。主演の賀来へ「田中は『ただ生まれてきたので一生懸命生きてるだけ!』なので、野心も何にもなく、ただただしあわせになりたい、そんな感じが出たら嬉しいです」と期待をかけながら、「僕も楽しみにしています。撮影現場にたくさん顔を出して見学したいです」と素直にコメントしている。

 監督は、『シン・ゴジラ』(C班監督)や『モテキ』(編集)などに携わり、音楽ドキュメンタリー『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー』やミュージックビデオ、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクション演出など多岐に活動する石田雄介

 賀来のアフロについて石田監督は「最初に顔合わせをした時のこと。アフロ頭になってもらいビジュアルのチェックをしたのですが、あまりのハマりっぷりに、早くもこの作品の成功を確信した事を覚えています」と述懐。また、演出プランとして「この作品を観て頂く視聴者の皆さんを『ギャグや顔芸で笑わす』のではなく、不器用がゆえに滑稽に見える田中の行動や感情が、どこか視聴者自らにも思い当たる節があり、思わず笑えてしまう、そんな『ほろ苦い笑い』を誘発させたい」と賀来に伝えたといい「彼はその時から、私の意図を的確に汲んでくれて、その器用で繊細な表現力によって撮影中も全くブレずに、主人公・田中広を演じています」と自信をのぞかせている。(編集部・入倉功一)

「WOWOWオリジナルドラマ アフロ田中」はWOWOWプライムにて7月放送(全10話/第1話無料放送)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]