新海誠×RADWIMPSが再タッグ!最新作『天気の子』で音楽担当

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
映画『天気の子』ポスタービジュアル - (C) 2019「天気の子」製作委員会

 新海誠監督の最新作『天気の子』(7月19日公開)のすべての音楽を、人気ロックバンドRADWIMPSが担当することが決定した。2016年に公開されて大ヒットを記録した映画『君の名は。』でも組んだ新海監督とRADWIMPSが、再びタッグを組む。

『天気の子』予告編

 本作は、高校1年生の夏に東京にやってきた家出少年・帆高と、彼が出会った不思議な力を持つ少女・陽菜による物語。映画の大切なシーンでRADWIMPSが書き下ろした複数のボーカル曲と、劇中音楽が使用される予定だ。

[PR]

 新海監督は2017年夏、書き上がったばかりの本作の脚本をRADWIMPSの野田洋次郎に送ったという。当初は音楽オファーのつもりではなく、「この脚本から洋次郎さんの頭の中にどんな音が聴こえてくるのかを、個人的にどうしても知りたかったのです」と語る。

RADWIMPS

 そして新海監督がRADWIMPSと再び共に映画をつくるにあたって最初に話したのは、「お互い初めましての気持ちでやりましょう」ということと「前回とは違うことをやりましょう」ということ。「同じことはやらず、でももっと面白いものを。一度一緒に仕事をしているからこそ、僕たちは『君の名は。』を踏まえた上で、さらに良いものを観客に届けることができるはずだと考えました」。

 本作は現在も鋭意製作中とのこと。新海監督とRADWIMPSは『君の名は。』と同様に、脚本段階からミーティングを重ね、妥協のないち密な作業が今もなお繰り返されている。

[PR]

 RADWIMPSは「前作以上にストーリーづくりの場にも参加させていただき、強固なチームワークの中で作品づくりができている喜びを感じています。おそらくそんじょそこらのカップルよりも頻繁に、毎日毎日新海さんとメールのやり取りをしながら作業を進めています」とコメントを寄せた。

 この発表にあわせて、主題歌の一つであるRADWIMPSの新曲を使用した予告編が公開となった。新曲のタイトルは「愛にできることはまだあるかい」。新海監督はこの楽曲を受け取ったことで「これはつくるべき映画になる」と強く思えたと語っている。

 予告映像は、新海監督が自ら編集したもので、空や雨などが繊細に表現された世界と、RADWIMPSの音楽が美しくマッチしている。声優は醍醐虎汰朗(主人公・帆高役)、森七菜(ヒロイン・陽菜役)という新進気鋭の俳優が担う。(編集部・小山美咲)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]