片寄涼太&川栄李奈の歌唱シーンを伊藤健太郎が絶賛『きみと、波にのれたら』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
豪華なメンバーが集結した!

 GENERATIONS from EXILE TRIBE片寄涼太川栄李奈が声優を務めたアニメーション映画『きみと、波にのれたら』の完成披露試写会が14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、片寄、川栄のほか、松本穂香伊藤健太郎湯浅政明監督が登壇した。

【写真】片寄涼太、すごいところから登場!

 『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』など数々の話題作を送りだしてきたアニメーション監督・湯浅政明のオリジナル最新作となる本作。小さな港町を舞台に、消防士の青年・港(片寄)と、サーフィンが大好きな女子大生・ひな子(川栄)との運命的な恋を描くラブストーリーとなる。

[PR]

 今回が声優初挑戦となった片寄は「初めて声優に挑戦したのがこの作品で本当に良かったなと思えるような作品になっています。皆さんにお届けできてうれしく思います」と笑顔。作品については「アニメーションですが、すごく人間味がある作品。人の命とか、人生とか、すごく大切なものが描かれている、とてもステキな作品だなと思いました」と付け加えた。

 物語のキーとなる主題歌「Brand New Story」は片寄が所属するGENERATIONSが担当。試写をGENERATIONSのメンバーと一緒に観たという片寄は、「みんなすごく喜んでいました。このようなステキな作品に曲をかけていただいて。いい仕事したなという空気がメンバーに流れていました」と誇らしげ。湯浅監督も「本編中で歌っていただくことも多かったりして。音楽も流しすぎじゃないかというくらいに流れていて。きっと観た後は口ずさみたくなるんじゃないかなと思います」と自信をみせた。

 劇中では、片寄と川栄が一緒に歌を歌う場面がある。「僕も歌の仕事をやらせてもらっているからこそ、レコーディングの時の緊張感なども知っているつもり。だから一人より二人で歌った方がいい空気になるかなと思ったんです」という片寄の提案により、二人でレコーディングをしたというが、川栄自身は二人のレコーディングが「本当に嫌だった」と振り返った。

[PR]

 「片寄さんは歌がうまいし、キーがどうとか言われてもよくわからないし」という川栄は、「二度目ましてくらいの時で。あまり会話をしたことがない状態で歌に入るというのはすごく緊張してしまいました」と明かす。しかし、湯浅監督は「そうとは思えないくらいのシーンに仕上がっていますよ」と満足げな顔。この歌のシーンを観たという伊藤も「これから観ていただけるとわかると思いますけど、もうすごいんですよ、二人のラブラブが。観ていて、なんやこれ、というくらいに。ものすごいうらやましくなりますからね。本当にすごいんで、楽しみにしてほしいですね」と観客の期待をあおっていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『きみと、波にのれたら』は6月21日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]