米倉涼子「ドクターX」2年ぶり復活!第6シーズン10月放送

「ドクターX ~外科医・大門未知子~」復活! シーズン6放送決定
「ドクターX ~外科医・大門未知子~」復活! シーズン6放送決定 - (C)テレビ朝日

 米倉涼子主演の大ヒットドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)の第6シーズンが10月より放送されることが明らかになった。2017年のシーズン5から2年ぶりの復活となり、米倉は「この2年間、1か月に20回くらいはいろいろな方に「『ドクターX』やらないの?」って聞かれたりしていましたが、私自身もそろそろ(『ドクターX』のメンバー)みんなと会いたいなって思っていたので、うれしいです!」と語っている。

【画像】患者となったシーズン5の未知子

 「私、失敗しないので」の名セリフでおなじみのフリーランス外科医・大門未知子(米倉)が、権威がモノをいう大病院にあって、専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけを武器に突き進む痛快医療ドラマ。2012年放送の第1シリーズは平均視聴率19.1%を記録し、2013年の第2シリーズから第5シリーズまでは全て20%以上をマークしている。

[PR]

 第5シリーズで後腹膜肉腫で余命3カ月と診断された未知子だが、そこから奇跡の生還を遂げ、昨年放送のスピンオフドラマ「ドクターY ~外科医・加地秀樹~」では元気な姿を見せていた。今期では再び、日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台にその腕をふるう。

 未知子が所属する「神原名医紹介所」の仲間を演じる内田有紀(城之内博美役)や岸部一徳(神原晶役)のほか、“御意”でおなじみの遠藤憲一(海老名敬役)、勝村政信(加地秀樹役)、鈴木浩介(原守役)、さらに前作ラストで東京地検特捜部に逮捕されたはずの「東帝大」院長・蛭間重勝役の西田敏行らが再結集する。

 別の仕事でドラマのメンバーに会っても“チーム感”があったという米倉は「みんながみんなのためのみんなでいられる空間だな」と告白。「まだお芝居の仕事を始めて20年ですが、こんなにありがたい絆は、なかなか得られるものではないと思っています」と感謝する米倉。とはいえ2年ぶりの復活となり「腕が鈍っていないかだけが心配です(笑)。私、加地先生役の勝村政信さんよりブランクがあるんですよ! 彼は、昨年『ドクターY』をやっているので…。だから加地先生には負けないようにしなきゃって思っています(笑)」とジョーク交じりに語っている。

[PR]

 また、最近は街中でも「米倉涼子だ」よりも「大門未知子だ」と言われることのほうが多いと明かした米倉。「自分が思っている以上に『ドクターX』という作品や大門未知子というキャラクターはみなさんにとって身近なものになっているんだなと実感しますし、私自身も誰かと会話をするときに、無意識に未知子や蛭間、晶さんの話をしていることもあり、私にとっても今や身近で自然なものです」と意気込む。「2年ぶりの『ドクターX』--ちょっと緊張していますが、自由で力強い大門未知子で帰ってきたいと思います。『令和も私、失敗しないので!』」

 また新シーズンの放送に先駆け、勝村が演じる加地秀樹を主演に据えた人気スピンオフ「ドクターY」の放送も決定。全国ネットの日曜プライム枠で2時間ドラマとして放送される。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]