『アベンジャーズ』ハルク&ブラック・ウィドウのロマンスがカットされていた

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ハルク/ブルース・バナーとブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ - Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)でいい感じになりながら、その後のシリーズでちゃんと描かれることがなかったハルク(マーク・ラファロ)とブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)の関係について、脚本家のスティーヴン・マクフィーリークリストファー・マルクスがEmpireのポッドキャスト番組で語った。

【ギャラリー】『アベンジャーズ/エンドゲーム』32名の生死がわかるポスター

 シリーズ完結編『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)に加え、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)などの脚本も執筆している二人。ハルクとブラック・ウィドウのロマンスの顛末も描こうとしてきたといい、マクフィーリーは「『インフィニティ・ウォー』には実際にそういうシーンがあったんだ。脚本に書いたし、撮影もした。『関係は終わった。先に進まなきゃ』というようなやつだ」と明かす。

[PR]

 「でもはっきりと明らかになったのは、“本筋”と関係のないシーンは『インフィニティ・ウォー』では生き残れないということ」と多数のキャラクターが入り乱れる複雑な同作ではハルクとブラック・ウィドウのエピソードが上手くハマらなかったという。「最後の瞬間に向けて構成していかなくてはいけない。ただ自分がやりたいからという理由で、(未処理となっているエピソードを)完結させることはできないんだ」と続けた。

 そして『アベンジャーズ/エンドゲーム』においても、アベンジャーズのメンバーたちが悲しみを抱え、消えた仲間を取り戻そうと奮闘する中で、ハルクとブラック・ウィドウのロマンスを発展させるのは「ちょっと奇妙」だと感じたとマルクスもコメント。マクフィーリーは「この件に関しては扱わない方がエレガントだと思ったんだ」と説明していた。(編集部・市川遥)

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は公開中(6月27日まで)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]