「ストロベリーナイト・サーガ」亀梨和也がクランクアップ!二階堂ふみ&スタッフに感謝

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
クランクアップを迎えた亀梨和也(左)と祝福する二階堂ふみ(右) - (c)フジテレビ

 20日に最終話を迎える木曜劇場「ストロベリーナイト・サーガ」(フジテレビ系・毎週木曜夜10時~)で二階堂ふみとダブル主演を務める亀梨和也が、約3か月半の撮影を経てクランクアップを迎えた。 

【画像】要潤ふんする謎の男“ブルーマーダー”

 作家・誉田哲也の警察小説「姫川玲子シリーズ」を原作に、主人公の女性刑事・姫川玲子(二階堂)率いる“姫川班”が難事件を紐解いていく本作。亀梨は、強い正義感と持ち、姫川を献身的にサポートする巡査部長・菊田和男を演じている。

[PR]

 全てのシーンを撮り終えた亀梨は、「今作は役柄・役回り的にも、そしてソロで主題歌という意味でも自分にとってチャレンジングなことをたくさん経験させていただける現場でした」と語りつつ、「現場に来て、各監督をはじめ、二階堂さん、キャストの皆さん、スタッフの皆さんとしっかりと向き合い、一つ一つの出来事に対して、その壁を越えていく撮影の日々は、僕にとって有意義で、すてきな時間だったなと感じています」と充実した3か月半を振り返る。

 菊田を演じる際、シーン毎にキャラクターを繊細に表現するように意識したという亀梨。姫川と、彼女に特別な感情を抱く菊田の関係について、「最後、姫川さんと菊田の関係がどうなるかは見てからのお楽しみですが、1話から最終回までを通して、二人の関係性を描いてこられたのは連ドラの醍醐味だったんじゃないかなと思います」とコメント。

 クランクアップ時には、ダブル主演として共に駆け抜けてきた二階堂が亀梨に花束を贈呈。亀梨は、姫川役の二階堂が抱えるプレッシャーを理解すると共に、「そんな中でも、座長としてキャスト、スタッフの皆さんに気を遣いながら過ごしてくださったことに心から感謝しています。みんなの気持ちを受け入れるキャパシティーの広さがありつつも、しっかりと芯を貫いてチャレンジし、トライしていく感性も持っているので、“さすがだな!”って勝手に感じながら過ごさせていただきました」と彼女への思いを口にした。

 最終話は、13日放送の第10話に引き続き「ブルーマーダー」を放送。姫川は、連続殺人鬼“ブルーマーダー”の正体が元警察官の木野一政(要潤)であると突き止め、確保に向かう。一方で、殺人鬼の共犯者を追う菊田には最大の危機が訪れる。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]