『天気の子』インドでの公開が決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
インドへ! - (C) 2019「天気の子」製作委員会

 新海誠監督のアニメーション映画『天気の子』がインドで一般公開されることが配給の東宝より発表された。過去にインドで一般公開された日本の映画は『万引き家族』と『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』の2作品のみ(現地配給Vkaao調べ)。日本のオリジナルアニメ映画としては今回が初の一般公開となる。

【動画】新海ワールド全開!『天気の子』スペシャル予報

 国内興行収入およそ250億3,000万円のメガヒット作『君の名は。』に続く新海監督の新作として初日から3日間で興行収入16億4,000万円を記録し、公開から18日間で観客動員440万人、興行収入60億円を突破した本作。地方から東京に家出してきた主人公の少年・帆高(声:醍醐虎汰朗)と不思議な力を持つヒロインの少女・陽菜(声:森七菜)が、運命に翻弄されながらも自らの生き方を選択していく。

[PR]

 『天気の子』のインドでの一般公開は、今年の4月にインターネット上でインドでの公開を求める署名活動が起こり、約5万人を超えるファンの署名が集まったことが後押しした。その声が新海監督本人や東宝の海外配給担当者、現地配給会社買い付け担当者の耳に届き、署名活動に応えるかたちで公開が決定した。インドではムンバイ、デリーをはじめとするインドの各20都市で10月11日から公開される。

 今回の発表に際して新海監督は以下のコメントを発表している。

 「インドで『天気の子』の劇場公開を求める署名キャンペーンが始まって以来、僕の元にもインドのアニメファンから多くのメッセージが寄せられてきました。純粋さと熱量に圧倒され、『自分もインドでの上映を望んでいる、配給会社と話し合い進展があったら報告する』とファンの方々に伝えてきました。ですので、ようやく約束を果たせたような思いです。神話と映画の国インドで『天気の子』をどのように楽しんでいただけるのか、今からわくわくしています」

 同作は8日に香港で初日を迎え、数々の作品をおさえて公開初日の観客動員数1位を獲得した。そのほかの国々ではオーストラリア、インドネシア、ベトナム、シンガポール、台湾、韓国、ロシア、タイでも公開される予定だ。(編集部・海江田宗)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]