今夜「同期のサクラ」スタート!高畑充希の“忖度ナシ”強烈ヒロインに注目!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
高畑充希の演技に期待! - 提供:日本テレビ

 高畑充希が主演を務めるドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系)が今夜9日よる10時よりスタートする。高畑が演じる、決して忖度せず夢に向かって突き進む強烈ヒロインをはじめ、本作の見どころを紹介する。

高畑充希が忖度ゼロのヒロインに!「同期のサクラ」予告【動画】

 高畑と脚本家・遊川和彦がドラマ「過保護のカホコ」に続いてタッグを組んだ本作。過疎の離島で育ち、大手ゼネコンの花村建設に入社した北野サクラ(高畑)が同期とともに駆け抜けた10年間を1年ずつ1話ごとに描き出す。

[PR]

 故郷の離島に本土との橋を架けるという夢を持つサクラは、入社式で社長にその夢を宣言するなど、どこまでも真っすぐな性格の持ち主。そんなサクラは、入社式に向かうときにも通行の邪魔をする若者に「みなさんの迷惑になるので道を開けてください」と注意したり、珍しい建物を見つけて時間を忘れて写真を撮ったり、はたまた何とか間に合った入社式で社長のスピーチに「話が長いと思いました」と発言したり……妥協知らずで、マイペースすぎる振る舞いを披露する。

提供:日本テレビ

 そんな強烈な言動は、同期の面々に強烈な印象を残すことに。サクラと同じく2009年入社組で、新人研修の最終課題で同じ班となるのは、クールながら場の空気を読む百合(橋本愛)、社長を目指す野心家の葵(新田真剣佑)、応援部出身でアツい菊夫(竜星涼)、そしてネガティブ思考の蓮太郎(岡山天音)の4人。自身の夢のために決して自分の信念を曲げないサクラの言動は、組織を重んじる会社のなかで浮いてしまうが、その姿が同期たちの心を動かしていく。

[PR]

 記者会見の席で自身が演じるサクラについて「忖度ができなさすぎるサクラの生き方がいいのかわからないですが、嘘がないから信頼できる。カッコいいし、憧れる部分もあります」と語っていた高畑。「過保護のカホコ」に続く遊川とのタッグで強烈なキャラクターに挑んだが、変わり者のサクラと同期たちの10年間がどのように変化していくのか、注目だ。

提供:日本テレビ

 ほかキャストには、サクラの上司となる人事部の部長・黒川森雄役の椎名桔平、人事部の先輩・火野すみれ役の相武紗季をはじめ、サクラの住むアパートの隣人カップル役で草川拓弥超特急)と大野いとが出演。また、サクラが毎日ファックスを送っている祖父の柊作を津嘉山正種、新人研修で訪れたのを機に同期5人が集まる店の老女を柳谷ユカが演じる。(編集部・大内啓輔)

ドラマ「同期のサクラ」は日本テレビ系にて10月9日より毎週水曜よる10時~放送

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]