堤真一、男泣き!監督に暴露され自虐

撮影の裏話が語られた
撮影の裏話が語られた

 俳優の堤真一が27日、都内で行われた映画『決算!忠臣蔵』(11月22日公開)のレッドカーペットセレモニーおよびワールドプレミア舞台あいさつに出席。撮影最終日に感極まって泣いてしまったことを中村義洋監督にバラされ苦笑いを浮かべた。イベントには堤と共に主演を務める岡村隆史のほか、濱田岳横山裕関ジャニ∞)、妻夫木聡石原さとみ西村まさ彦木村祐一橋本良亮A.B.C-Z)、寺脇康文鈴木福小松利昌沖田裕樹と、荒川良々(舞台あいさつのみ)も参加した。

【写真22枚】石原さとみ、圧巻美!『決算!忠臣蔵』レッドカーペット&プレミア

 本作は、東大教授・山本博文の著書「『忠臣蔵』の決算書」を、映画『アヒルと鴨のコインロッカー』や『忍びの国』の中村義洋監督が映画化。忠臣蔵で知られる大石内蔵助が実際に残した決算書を基に、討ち入りまでの「お金」に翻弄される浪士たちの姿をコミカルに描く。

[PR]

 イベントでは“誰でも知っている「忠臣蔵」の誰も知らなかった事実”が描かれている本作にちなみ「誰もが知るキャストの誰も知らない裏話」というテーマでトークが展開。西村が「打ち上げのとき中村監督の瞳にきらり光るものがありました」と明かすと、中村監督は「堤さんも泣いていましたよね」と話を振る。

 堤は「撮影最後のあいさつのときですね」と確認すると「僕の初めての現場が松竹の撮影所だったので、その時のこととかを思い出してしまった」と振り返る。続けて「楽しい映画なのですが、すごく充実感があり泣いてしまいましたね。おっさんが泣いてもいいもんじゃないんですけれどね」と照れ笑いを浮かべていた。

 一方の岡村はレッドカーペットで「こういう場はあまり慣れていないので、何の話をしていいのかわからない」とやや緊張気味に語ったが、「お金」をテーマにした作品にちなんでか「納税のことはノーコメントにさせていただきます」と東京国税局から申告漏れの指摘を受け、芸能活動を自粛しているチュートリアル徳井義実の話題で笑いを誘った。

 そんな岡村だったが、横山から撮影中、常に立っていたことを指摘されると「(撮影中は常に立っていたという)高倉健さんスタイルをやっていたんです」と真意を語る。それを聞いた堤は「そうなんだ。でも高倉さんが立っていると、周囲は座れなかったという話を聞いていたけれど、みんな気にせず座っていたよね」と突っ込むと、岡村は「そうなんですよ、誰も何も言ってくれないので、ただずっと立っていただけになってしまって……」と寂しそうに語っていた。

[PR]

 また岡村は、過去に主演映画『無問題(モウマンタイ)』『てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~』で日本アカデミー賞話題賞を受賞しているが、この賞が自身もパーソナリティを務める「オールナイトニッポン」のリスナーが選ぶ賞であることに触れると「今回も組織票で話題賞を獲りたい」と宣言。さらに岡村は「堤さんと出会ったのも、日本アカデミー賞のレッドカーペットだったんです」と懐かしそうに語っていた。

 これまで「忠臣蔵」をテーマにした作品は多数存在するが、堤は「みなさんが思っている『忠臣蔵』とはおそらく違うと思いますが、脚本を読んだとき『これが本当の忠臣蔵なんだ』と確信しました」と自信をのぞかせていた。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]