橋本愛、ケースワーカー役で主演!『孤狼の血』原作者の社会派ミステリーをドラマ化

主演を務める橋本愛
主演を務める橋本愛

 女優の橋本愛がWOWOWにて2020年3月に放送される「連続ドラマW パレートの誤算~ケースワーカー殺人事件」で主演を務めることが明らかになった。

【画像】橋本愛、スーツ姿もカッコいい!

 本作の原作は、映画化もされた「孤狼の血」で大きな注目を浴びた柚月裕子による社会派ミステリー小説。橋本が演じる主人公・牧野聡美は、市役所の新人嘱託職員として本来の希望ではない福祉課で働いていた。信頼していたベテランケースワーカー・山川が焼死体で発見されたことから、福祉や市政、医療を取り巻く町の闇に巻き込まれていくことになる。

[PR]

 生活保護をテーマに現代日本を蝕む病巣に切り込みつつも、市井の人々への温かな眼差しを向けた作品となる。そのモチーフとなっている「パレートの法則」とは、組織では全体の約2割の人間が大部分の利益をもたらしており、そこから有用と思われる2割にあたる人間を外すと、残りの8割の中から2割の人間が新たに利益を生み始める、という経験則のことを指す。

 脚本に目を通して「運命的なもの」を感じたという橋本。「私は高校生くらいのときに、自分の目で人や社会を見つめて、ある法則を見つけました。それを自分の中で、『2:8の法則』と名付けていたのです。内容にいくらかの誤差はあれど、本質的にはかなり近いものが既にこの世界には提唱されていたのだと、度肝を抜かれました。そもそもそれらの法則を知らなかったことは置いといて(笑)、これは自分がやるべきものかもしれない、と吸い込まれるような気持ちでした」と語っている。(編集部・大内啓輔)

「連続ドラマW パレートの誤算~ケースワーカー殺人事件」はWOWOWにて2020年3月より放送スタート(全5話)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]