続3部作では最低の出足も『スター・ウォーズ』完結編が断トツ首位!

全米ボックスオフィス考

断トツの首位! - 映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』より
断トツの首位! - 映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』より - (C) 2019 ILM and Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 先週末12月20日~12月22日の全米ボックスオフィスランキングが発表され、シリーズ完結編『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が興行収入1億7,738万3,864ドル(約195億円)で初登場1位に輝いた。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

【動画】感動的…『スター・ウォーズ』42年の歴史が凝縮した特別映像

 続3部作(エピソード7~9)の3作目にして、『スター・ウォーズ/新たなる希望』(1977)から42年にわたって描かれてきたスカイウォーカー・サーガの完結編となる本作。エピソード7『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は2億4,796万6,675ドル(約273億円)、エピソード8『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2億2,000万9,584ドル(約242億円)という特大のオープニング興収を上げていたため続3部作としては最低の出足となってしまったが、2位に6倍以上の差をつけて断トツの首位デビューを果たした。配給のディズニーが出した本作のオープニング興収予想は1億6,500万ドル(約182億円)であり、それ以上はきっちり稼ぎ出した。

[PR]

 一方、大ヒットミュージカルを『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー監督が豪華キャストで映画化した『キャッツ』は、3,380館で公開されながら661万9,870ドル(約7億ドル)しか上げられずに4位デビュー。予想外の苦戦を強いられており、公開後にもかかわらず、各劇場に本編の視覚効果(VFX)をアップデートした改良版が送付されたことも話題になった。

 シャーリーズ・セロンニコール・キッドマンマーゴット・ロビーが競演した賞レースでの話題作『スキャンダル』は拡大公開となり、19位から6位へとジャンプアップした。2016年にアメリカのテレビ局FOXニュースで行われたセクシュアルハラスメントの裏側を描いたジェイ・ローチ監督作。

 今週末は、ウィル・スミストム・ホランドが声優を務めたアニメーション『スパイズ・イン・ディスガイズ(原題) / Spies in Disguise』や、シアーシャ・ローナンエマ・ワトソンら出演のドラマ『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』などが公開される。(編集部・市川遥)

12月20日~12月22日の全米ボックスオフィスランキングは以下の通り。()は先週の順位。
1(初)『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』
2(1)『ジュマンジ/ネクスト・レベル
3(2)『アナと雪の女王2
4(初)『キャッツ』
5(3)『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
6(19)『スキャンダル』
7(4)『リチャード・ジュエル
8(7)『クイーン&スリム(原題) / Queen & Slim』
9(6)『フォードvsフェラーリ
10(5)『ブラック・クリスマス(原題) / Black Christmas』

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]