山田裕貴、田中圭主演映画でスキー初挑戦 長野五輪支えた高橋竜二選手に

スキージャンプ選手・高橋竜二にふんする山田裕貴
スキージャンプ選手・高橋竜二にふんする山田裕貴

 俳優の山田裕貴が、田中圭主演映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』(6月19日公開)に出演することが9日、明らかになった。本作は1998年長野五輪で金メダルに輝いたスキージャンプ団体を支えた25人のテストジャンパーの実話に基づく物語で、山田は聴覚障害のある選手・高橋竜二にふんする。山田は本作でスキーに初挑戦。「小学校の頃に見た長野オリンピック、スキージャンプの映像が今でも頭の中に浮かびます。初めてのスキーに挑戦ですが、とにかく練習します(笑)。このお話は中継にも載っていない裏側のお話。“目に見えていない部分も見ようとする”これを大事にしているのですが、表舞台に立つ人の裏側にはたくさんの人が関わり、悩み、支えてくれています。チーム一丸!! 生きてるすべての人が主人公であることを伝えたい」と意気込みを語っている。

【写真】田中圭演じるスキージャンプ選手・西方仁也

 本作は、1994年のリレハンメル五輪スキージャンプ団体戦で挫折を味わった西方仁也(にしかた・じんや/田中)を主人公に、1998年長野五輪で日本代表選手たちを裏方として支えたテストジャンパーたちの内幕を描くドラマ。長野五輪での団体戦の攻防、吹雪による競技中断、競技再開に向けて行われた、西方率いる25人の決死のテストジャンプなどを史実に基づき活写する。ドラマ・映画「荒川アンダー ザ ブリッジ」などの飯塚健がメガホンをとった。

[PR]

ヒノマルソウル
1998年長野五輪・テストジャンパー集合写真

 山田が演じる高橋竜二は、北海道札幌市出身。聴覚障害がありながらも、1998年に札幌で開催されたSTVカップ国際スキージャンプ競技大会ラージヒルで優勝し、長野五輪にテストジャンパーとして参加した。

 山田は、昨年NHK連続テレビ小説「なつぞら」でヒロインの幼なじみを好演し話題に。今年「SEDAI WARS」(MBS・TBS)、「ホームルーム」(MBS)と1月期のドラマ2作の主演を務めることが決定したほか、映画『嘘八百 京町ロワイヤル』(1月31日公開)、『燃えよ剣』(5月22日公開)が待機中。主演の田中とは2018年の7月クールドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(関西テレビ・フジテレビ)以来の共演となり、飯塚監督とは映画『虹色デイズ』(2018)以来のタッグ。

 なお、山田は1月13日放送の「2020HBCカップジャンプ」(14:55~15:49、JNN28局でフルネット放送※MRT宮崎放送のみ1時間50分のディレイ放送)に西方仁也とともにゲスト出演することも決定している。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]