声優・津田健次郎、朝ドラ「エール」語りを担当!

連続テレビ小説「エール」で語りを担当する津田健次郎
連続テレビ小説「エール」で語りを担当する津田健次郎

 人気声優の津田健次郎が、3月30日にスタートするNHK連続テレビ小説「エール」で、語りを担当することが明らかになった。

【画像】大ヒットゲームで主人公役!津田健次郎

 「エール」は、阪神タイガースの歌「六甲おろし」や、「長崎の鐘」「イヨマンテの夜」など、数々のヒット歌謡曲で知られる作曲家・古関裕而(こせきゆうじ)氏と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルに、音楽とともに激動の昭和を生きた夫婦を描く作品。窪田正孝が主人公・古山裕一を、二階堂ふみが妻・関内音(せきうちおと)を演じる。

[PR]

 「語り」を担当する津田は、『スター・ウォーズ』シリーズのカイロ・レン役や、人気ゲーム「DEATH STRANDING(デス・ストランディング)」など、声優として数多くの作品に参加。近年は役者業以外にも映像監督、舞台演出なども手掛けるなど、多岐にわたって活動しており、今回のオファーに「小学生のころから見ていた『連続テレビ小説』の語りを務めることになるとは、まったくの想定外で驚きました。オファーをいただいたときは、『僕でいいんですか?』と戸惑いながらも、とてもうれしかったです。すてきな物語が繰り広げられており、台本を見るのが毎回楽しく、一視聴者の気持ちで台本を読ませていただいております。ナレーション的には、『エール』の世界観をさらに明るく楽しく、皆様にお届けできるように頑張っています」と意気込みを語っている。

 今回の「語り」について、NHKの制作統括・土屋勝裕は「客観的なことに加え心情も語り、ときに登場人物に突っ込みを入れたり、ときに嘆いたり、それも音楽がガンガン鳴っているなかで、視聴者にも聞こえるように語らなくてはならない、一筋縄ではいかない『語り』となっています」と言及。「津田健次郎さんは、落ち着いた声で聴きとりやすく、耳に心地よく、何より、うまい! 津田健次郎さんの“イケボイス”が、『エール』をさらにおもしろくナビゲートしてくれます。どうぞ、お楽しみに!」と期待をかける。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]