『インディ・ジョーンズ』第5弾の監督からスピルバーグ降板…シリーズ39年の歴史で初

雨の日のスティーヴン・スピルバーグ監督
雨の日のスティーヴン・スピルバーグ監督 - Marc Piasecki / GC Images / Getty Images

 映画『インディ・ジョーンズ』シリーズ第5弾の監督として発表されていたスティーヴン・スピルバーグ(76)が降板するとVarietyなどが伝えた。スピルバーグが同シリーズを監督しないのは、『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』から始まったシリーズ39年の歴史で初のこととなる。

【画像】1年前は真っ白でおじいちゃん状態だったハリソン(インディ・ジョーンズ役)

 『インディ・ジョーンズ』シリーズ第5弾の製作が米ディズニーから正式発表されたのは2016年のこと。すでに長い企画開発期間を経ているが、監督の座を譲るという決定はスピルバーグ自身が下したものだという。

 スピルバーグに近いところにいる関係者は「彼は今こそ、『インディ・ジョーンズ』の物語に新たな監督と新たな世代の視点を与えるべき時だと感じたのです」と Vanity Fair に語っている。スピルバーグはプロデューサーとして引き続きシリーズに携わり、ハリソン・フォード(77)が考古学者インディ・ジョーンズ役を務めるのも変わらない。現在、『LOGAN/ローガン』や『フォードvsフェラーリ』のジェームズ・マンゴールド(56)が監督候補として交渉中だという。全米公開日は2021年7月9日に設定されている。(編集部・市川遥)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]