反町隆史『みをつくし料理帖』占い師役で出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
物語の鍵を握る易者(占い師)を演じる反町隆史
物語の鍵を握る易者(占い師)を演じる反町隆史 - (C) 2020 映画「みをつくし料理帖」製作委員会

 俳優・反町隆史が、角川春樹の生涯最後の監督作となる映画『みをつくし料理帖』(2020年秋公開)に物語の鍵を握る易者(占い師)役で出演することが明らかになった。

渋い色気!役衣装の反町隆史【写真】

 『みをつくし料理帖』は、シリーズ累計400万部を突破した作家・高田郁による同名ベストセラー時代小説を映画化。松本穂香が主演を務め、料理に真摯に向き合い、運命を切り開いていく女料理人・澪(松本)の成長と、不変の友情を描く。共演に奈緒若村麻由美浅野温子窪塚洋介永島敏行藤井隆野村宏伸衛藤美彩村上淳榎木孝明鹿賀丈史石坂浩二中村獅童が名を連ねる。

 反町が演じるのは、大坂で評判の有名易者・水原東西。易者とは現代でいう占い師のことで、遊郭・大坂新町廊を訪れていたところ、当時8歳の澪と幼なじみの野江(奈緒)の手相を占い、二人のその後の運命に影響を与える役どころ。併せて、役衣装の場面写真も公開された。(編集部・小松芙未)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]