ドニー・イェン&アンディ・ラウ共演『追龍』6月公開 実在した男たちの友情描く香港ノワール

映画『追龍』より
映画『追龍』より - (C)2017 Mega-Vision Project Workshop Limited.All Rights Reserved.

 アジアの2大アクションスター、ドニー・イェンアンディ・ラウが共演した映画『追龍』(読み:ついりゅう)が6月26日より都内・新宿武蔵野館を皮切りに公開される。1960年代に実在した香港マフィアのボス、ン・シックホーと警察署長ルイ・ロックをモデルにした物語で、ドニーが口ひげをたくわえたホーに、アンディがロックにふんする。

【動画】ドニー・イェン出演のディズニー映画

 本作の舞台は、1960年代の英国領香港。汚職が蔓延し黒社会と繋がっている警察が市民を恐怖に陥れていた時代に、立場が異なりながらも友情で結ばれた2人の男の顛末を描く。中国・潮州から仕事を求めて香港にやってきたホー(ドニー・イェン)たちは、ヤクザ同士の争いの助っ人に参加して警察に逮捕されたところを、警察署長のロック(アンディ・ラウ)に助けられる。その後、麻薬の売買で黒社会の大物にのし上がったホーは窮地に陥ったロックを助けるなど、2人の間に友情が芽生えていくが……。

[PR]
追龍
アンディ・ラウは警察署長ルイ・ロックに

 共演に『SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班』のフィリップ・キョン、『イップ・マン 継承』のケント・チェン、『スーパーティーチャー 熱血格闘』のユー・カン、『奪命金』のフェリックス・ウォン、『全力スマッシュ』のウィルフレッド・ラウら。監督は、『ゴッド・ギャンブラー』シリーズなどのバリー・ウォンと、これまで主に撮影監督として活躍してきたジェイソン・クワン。ジェイソンは本作の撮影も兼任している。

追龍
ドニー・イェン演じる香港マフィアのボス、ン・シックホー

 1960年代の香港の町並みや、悪の巣窟と言われた九龍城砦の再現も見ものの本作。中国では約5.8億元(日本円で約87億円)をあげるヒットを記録。地元香港でも2017年度香港映画興行収入第4位となり、第38回香港電影金像獎で撮影と編集の2部門で受賞した。(編集部・石井百合子)

映画『追龍(ついりゅう)』は6月26日より新宿武蔵野館ほか全国順次公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]