『ブラック・ウィドウ』米公開延期が決定

映画『ブラック・ウィドウ』より
映画『ブラック・ウィドウ』より - (c) Marvel Studios 2020

 5月1日米公開予定だったマーベル映画『ブラック・ウィドウ』の公開延期を米ディズニーが発表したと、Deadlineなど複数媒体が報じた。新たな公開日は未定。日本でもアメリカとの同時公開がアナウンスされていたが、現段階での発表はない。

【動画】ブラック・ウィドウvsタスクマスター!『ブラック・ウィドウ』本予告編

 『ブラック・ウィドウ』は、アベンジャーズの一員として活躍してきたブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)の単独映画。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』直後まで時間を遡り、ナターシャの知られざる過去と秘密が描かれる。

[PR]

 ディズニーは現地時間12日にも、新型コロナウィルスの世界的な感染拡大を受けて、3月下旬~4月中旬の米公開を予定していた実写版『ムーラン』、『X-MEN』シリーズのスピンオフ『ザ・ニュー・ミュータンツ(原題) / The New Mutants』、SFホラー『アントラーズ(原題) / Antlers』の公開延期を発表していた。その後、米映画館チェーンの休業が決まるなど(少なくとも6週間から12週間の休業になる見込み)事態の改善が見られなかったため、『ブラック・ウィドウ』をはじめとした5月中旬までの公開作品についても延期の決断を下すことになったようだ。

 併せて公開延期が発表されたのは、デヴ・パテル主演のコメディードラマ『ザ・パーソナル・ヒストリー・オブ・デイヴィッド・コパフィールド(原題) / The Personal History of David Copperfield』と、エイミー・アダムス主演スリラー『ザ・ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ(原題) / The Woman in the Window』。それぞれ5月8日と5月15日の米公開を予定していた。この2作に関しても新たな公開日は未定だ。(編集部・市川遥)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]