宮崎駿原作の舞台「最貧前線」オーディオドラマ化 6月26日より無料配信

「最貧前線」ビジュアル
「最貧前線」ビジュアル - (C)Studio Ghibli

 宮崎駿監督の著書「宮崎駿の雑想ノート」を原作とした2019年の舞台「最貧前線」がオーディオドラマ化され、6月26日から7月26日まで、水戸芸術館公式サイト「おうちで水戸芸術館」特設ページで無料配信されることが明らかになった。全7話のオーディオドラマは、舞台版でも登場した「見習い」の視点で描く物語が展開し、出演者に前田旺志郎山本龍二鳥山昌克春海四方安達勇人福本伸一山口森広杉木隆幸柳家花緑近藤芳正らが名を連ねる。

 舞台「最貧前線」は、宮崎監督が1980~90年代に模型雑誌「月刊モデルグラフィックス」に不定期連載した連作絵物語&漫画「宮崎駿の雑想ノート」の11番目の物語が原作。太平洋戦争末期の日本を舞台に、アメリカ軍の動向を探るべく海の最前線に送り込まれた猟師と海軍の兵士たちが描かれ、内野聖陽風間俊介溝端淳平らが出演。水戸芸術館、世田谷パブリックシアターなどで上演された。

 オーディオドラマ版は、新型コロナウイルス感染拡大により多くの舞台芸術が公演キャンセル、延期などに追い込まれている状況下で、水戸芸術館AMC劇場がコロナの影響で自宅にいる時間が長くなった人々を慰めたいという思いからスタジオジブリ、宮崎駿監督に本企画を提案。その趣旨に快諾を得られ実現したという。

[PR]

 本作は舞台での上演許可を得るためのプレゼン用の映像的台本「トライアル台本」がベース。太平洋戦争末期、軍艦として改装された吉祥丸に乗り込む14歳の見習いら猟師たちと、軍人たちが絆をはぐくみながら指定の海域へ向かうさまが描かれる。

 配信スケジュールは以下の通り。(編集部・石井百合子)

第1話:6月26日(金)15時配信開始
第2話:7月 3日(金)
第3話:7月 4日(土)
第4話~第7話:順次配信
※詳細は水戸芸術館公式サイトで決定次第告知
※7月26日までの期間限定の無料配信

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]