佐久間由衣、主演映画で赤髪に!新キャストに笠松将、小日向星一ら

ティザービジュアル
ティザービジュアル - (C)『君は永遠にそいつらより若い』製作委員会

 芥川賞作家・津村記久子のデビュー作を佐久間由衣主演で映画化する『君は永遠にそいつらより若い』(2021年公開予定)の、笠松将小日向星一葵揚森田想ら4人の新キャストが発表。赤髪の佐久間、共演の奈緒を収めたティザービジュアルも公開された。

【写真】ドラマでギャルメイクの佐久間由衣

 本作は、児童福祉職への就職が決まり手持ちぶさたな日々を送る大学生・堀貝(佐久間)が、痛ましい過去を持つ猪乃木(奈緒)との出会い、知人の死を通して、暴力、児童虐待、ネグレクトなど社会の闇に直面していく物語。

[PR]

 堀貝と同じ大学に通うキーパーソン・穂峰直に、『花と雨』『ドンテンタウン』など映画主演が続く笠松将。堀貝と穂峰が繋がるきっかけとなる友人・吉崎壮馬に、『向こうの家』『星屑の町』などの小日向星一。堀貝のバイト先の後輩・安田貴一に、『HiGH&LOW THE WORST』やドラマ・映画『ブラック校則』などに出演しモデルとしても活動する葵揚。堀貝の友人・岡野あかりに、『アイスと雨音』で主演を果たし今年は映画『朝が来る』『辰巳』の公開を控える森田想が決定した。

 監督の監督・吉野竜平は、本作の意図を以下のように語っている。「欠落感を抱えたまま、他者や社会とどう関わって生きていくのか─。多種多様なテーマが織り込まれた、津村記久子先生の小説『君は永遠にそいつらより若い』を映画化するにあたり、そこへ重点的にスポットをあてて描きました。長所の何倍もの短所を抱えているような主人公ホリガイが、就職を目の前にして『自分には何かとても大切なものが欠けている』という想いに駆られ、そんな自分が果たしてこれから社会の中でちゃんとやっていけるのだろうかと悩み、焦り、もがく姿。しかしこの悩みは、多くの人が人生のある時期に経験する普遍的な通過儀礼ではないでしょうか。内へ内へと向かって悩んでいた主人公が、様々な人との出会いや出来事を経て、最後は外へと向かって爆発する行動を起こします。欠落感を抱えたまま、他者や社会とどう関わって生きていくのか─。「ありのままでいいんだよ」みたいな無責任な言葉ではない、自分なりのメッセージを主人公の姿に託しました」(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]