長澤まさみ『コンフィデンスマンJP』映画第3弾の製作決定!

プリンセス編、観客動員170万人を突破!
プリンセス編、観客動員170万人を突破!

 映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の大ヒット御礼舞台あいさつが13日に都内で行われ、第3弾『英雄編』の製作が決定したことが発表された。この日は、長澤まさみ東出昌大小手伸也関水渚ジャッキーちゃん田中亮監督が登壇。小日向文世はリモートで参加した。

【フォトギャラリー】長澤まさみの輝く美しさ!

 本作は、2018年に放映されたドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場版シリーズ第2弾。前作では香港でし烈なだまし合いを繰り広げた詐欺師のダー子(長澤)たちが、今作ではマレーシアのランカウイ島を舞台に、大富豪レイモンド・フウの遺産10兆円を狙う。

[PR]

 公開から22日目で観客動員170万人、興行収入23億円を突破し、前作(29.7億円)を超える大ヒットが見込まれている本作。登壇した長澤は、本イベントを生中継している全国の劇場の観客に向けて、「たくさんの方に観ていただけているということで、とてもうれしいです」と手を振りながら笑顔であいさつ。より多くの方に「この映画を愛してもらいたい」と呼びかけると、「もう一回くらい大ヒット舞台あいさつができたらいいな」とさらなるヒットも願った。

 そして、「何が本当で何が嘘かわからない話」というテーマでトークが進む中、劇場版第3弾となる『コンフィデンスマンJP 英雄編』の製作が決定したことが発表された。

 長澤は「本当にうれしいです。まさかこんなことになるとは」と感激しきり。東出は「あっ、やるんだ……。人って本当に驚くと、こういうリアクションになるのかもしれない」と目を丸くしており、小日向は「第3弾はうれしいですよね。同じシリーズの3本目は経験がないので、それ自体が光栄」と喜んだ。

 また、撮影地や撮影時期、公開日が未定なことから、「今言っておけば叶うかもしれない」と田中監督が希望を募ると、長澤は「国内。近所がいいなぁ」と新作では近場でのロケを切望。さらに、「二本立ての映画にしたい。『英雄編』と(小手が主演の)『五十嵐編』。3作も続くということは愛されている作品だと思いますから、映画っぽいことをしたい」と野望とともに、「(『五十嵐編』を)観たくない人は帰っちゃうの」といたずらな笑みも見せた。

[PR]
コンフィデンスマンJP

 小日向は「CGを多用してとんでもないことをやりたいですね。だったらスタジオ撮影が多くなるので、別に海外に(行かなくても)」と長澤同様に国内ロケを望みつつ、「『英雄編』っていうから、今までにないかっこいいものをやりたい。ワイヤーアクションとか」と目を輝かせていた。(取材:錦怜那)

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]