ジェームズ・ガン版『スーサイド・スクワッド』登場キャラ一挙発表!ハーレイ・クインも新ビジュアル!

THE SUICIDE SQUAD - Roll Call » 動画の詳細

 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガンが監督・脚本を手掛けるDC映画『ザ・スーサイド・スクワッド(原題) / The Suicide Squad』(2021年8月6日全米公開)に登場するキャラクターが23日、バーチャルファンイベント「DC FanDome(DCファンドーム)」内で一挙発表された。

【動画】巨大ザメに凶暴なイタチも…新生『スーサイド・スクワッド』メンバー

 2016年にデヴィッド・エアー監督によって映画化もされた「スーサイド・スクワッド」は、投獄されたDCコミックスの悪役たちで結成されたチーム。刑期の減刑と引き換えに、米政府から請け負った危険なミッションに挑む。本作には、2016年版に出演した一部キャストに加えて、ガン監督が新たに起用した俳優陣が出演している。

[PR]

 登場キャラクターをまとめた“出席確認”動画には、2016年版に登場したハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)、キャプテン・ブーメラン(ジェイ・コートニー)、アマンダ・ウォラー(ヴィオラ・デイヴィス)、リック・フラッグ(ジョエル・キナマン)が新ビジュアルで登場。『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』でもビジュアルが変わったハーレイだが、本作ではロケットランチャーを担ぎ、コスチュームもパンクな仕上がりとなっている。

 動画では、本作で初登場するキャラクターも明らかに。ブラッドスポート(イドリス・エルバ)、ラットキャッチャー2(ダニエラ・メルシオール)、ポルカ・ドット・マン(デヴィッド・ダストマルチャン)、キングシャーク(スティーヴ・エイジー)、サーヴァント(マイケル・ルーカー)、ピースメーカー(ジョン・シナ)、TDK(ネイサン・フィリオン)、モングル(メイリン・ン)、ジャベリン(フルーラ・ボルク)、ウィーゼル(ショーン・ガン)、シンカー(ピーター・キャパルディ)、ブラックガード(ピート・デヴィッドソン)、ソル・ソリア(アリシー・ブラガ)といった曲者たちが集結した。

[PR]

 イベントに出席したガン監督は、本作がジョン・オストランダーによる原作コミックの“続編”だと強調。「ジョンが映画のセットに来た時に何度も話したのですが、本作は原作を忠実に映画化した作品とは思っていなくて、ジョンが手掛けたコミックの続きを描いています。原作のスピリットを受け継ぎ、そこに新たなヴィランを盛り込んでいます」と語った。

 個性豊かな悪役たちの中で、特に強烈なインパクトを放つのが、ガン監督の弟ショーンが演じるイタチ・ウィーゼルだ。原作コミックでは怒り狂ったサイコパスとして描かれており、映画版のビジュアルからもその狂気が伝わってくる。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズでアライグマ・ロケット役を務めるショーンは、またしても動物役に挑戦。ショーンの盟友マイケルも「ウィーゼルは一番のサプライズだぜ」と驚きの様子だった。

 イベント内では、本作のメイキング映像も初公開。真っ赤なドレスを着飾ったハーレイが銃を構えるシーンや、ピースメーカー役のジョンが激しいアクションに挑む姿、さらには巨大なキングシャークが人間を飲み込む寸前の様子など、ファン待望の映像がふんだんに盛り込まれている。ガン監督が「この作品は、自分史上最大の映画」と自負する、新たな『スーサイド・スクワッド』の完成に期待が高まる。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]