のん、飼っていたハムスターで衝撃の思い出

日本語吹き替え版で小型犬マロナの声を担当したのん
日本語吹き替え版で小型犬マロナの声を担当したのん

 女優ののんが20日、渋谷のユーロライブで行われた映画『マロナの幻想的な物語り』の日本語吹き替え版完成披露試写会に出席し、小学校の頃に飼っていたハムスターとの衝撃的な思い出を明かした。この日はのんとともに声優を務めた小野友樹夜道雪平川新士も登壇した。

のん、小学生時代の仰天エピソードに会場がどよめく【イベント動画】

 本作は、ルーマニアのアンカ・ダミアン監督による長編アニメーション映画。ハート型の鼻をした1匹の小型犬マロナが何人もの飼い主と出会い、さまざまな絆を育んでいく姿が描かれる。日本語吹き替え版でマロナの声を担当したのんは「すごく素敵な作品で、映像表現が面白くて、アート性も強くて。犬の視点で描かれるとのも新鮮で、犬の目にはこう見えているんだなと胸を打たれました」と感想を口にした。

[PR]

 のんの声優ぶりについて、小野は「原作の声のイメージに近いなと率直に思いました。言語は違っても、耳に染み入る感覚があるんです。大きな感情をのせなくても伝わるんです」と称賛。夜道が「飾らないで思っている気持ちが伝わってきて、本当に素敵なマロナでした」と続けると、平川も「マロナのお芝居も少女っぽいんだけど、時々大人びているところもあって、素敵だなと思いました」と語った。

 その言葉に「嬉しいですね」と笑顔を見せるのん。自身よりも先に、ほかのキャストの収録風景を見てから臨んだそうで「普段話しているときとこんなに声が違うんだと目の前で見て、すごいなと。感動しながら見学させてもらってから挑んだので、印象深かったです。見学した時間が楽しかったので、愛情を持って飼い主に尽くしていくマロナの気持ちに、素直に入っていけました」と付け加えた。

 そんな流れから「ペットの思い出」について質問された登壇者たち。のんは「小学校の時にハムスターを飼っていました」と切り出して「砂場で友だちとお山を作って、トンネル工事をハムちゃんに掘ってもらおうということで、お願いして。それでトンネルが抜けて、みんなで喜んでから最後はお山を潰したのですが、ポンと潰してからハムちゃんがいないことに気付いて……」と振り返る。

[PR]

 ハムスターがどうなったのか、観客が固唾を飲むなか「でも、掘り出したらハムちゃんが無事に出てきて救出できました。意外とピンピンしていて、マロナを見るとあの時の衝撃を思い出します。本当にビックリして、今でも心が痛いというか、ごめんなさいと思います」とコメント。

 また、本作にちなんで「大切なもの」を質問されたのんは「観てくださる方に楽しんでもらうことが大切だなと思います。こういう(コロナ禍の)なかで映画を送り出すことができることが嬉しくて、観てくださった人の心が温まるものに参加して、表現していくことをすごく大切に思っています」と改めて思いを明かした。(取材・文:壬生智裕)

映画『マロナの幻想的な物語り』は8月29日より劇場公開

のん、小学生時代の仰天エピソードに会場がどよめく「砂場でハムスターが…」映画『マロナの幻想的な物語り』日本語吹替え版完成披露試写会 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]