ADVERTISEMENT

手塚眞監督『白痴』デジタルリマスター版10月31日より劇場上映

『白痴』を再び劇場で
『白痴』を再び劇場で - (C)手塚プロダクション

 ヴィジュアリストの手塚眞が、作家・坂口安吾の同名小説を浅野忠信主演で映画化した1999年公開の映画『白痴』のデジタルリマスター版が、10月31日よりシアター・イメージフォーラム、シネ・ヌーヴォほかにて、全国順次上映されることが明らかになった。

【動画】稲垣吾郎×二階堂ふみ、手塚治虫原作『ばるぼら』予告編

 本作は、10年をかけて、「堕落論」と共に戦後日本に衝撃を与えた坂口の短編を映画化。原作に大胆な脚色を加え、過去とも未来ともわからない終末戦争下の日本を舞台に、映画制作を夢見ながらテレビ局のADとして疲弊する日々を送る男・伊沢(浅野忠信)と、彼の家の押入れに潜んでいた隣家の無垢な妻・サヨ(甲田益也子)の同棲と逃避行を描く。

ADVERTISEMENT

 浅野をはじめ、草刈正雄藤村俊二岡田眞澄原田芳雄など豪華キャストが出演。新潟に巨大な街のオープンセットを作り、クライマックスで実際に爆破・炎上させた撮影でも話題を呼んだ。初公開時、ベネチア国際映画祭でデジタル・アワードを受賞するなど、手塚のイマジネーションが炸裂した映像美は各国で評価された。

 リマスター版の上映にあたり、手塚監督は「これを作った時代はまだバブルの末期で、命の危機感や生活の困窮など無縁でした」とコメントで振り返ると「その後ニューヨーク・テロが起き、大震災があり、今はまたコロナ・ウィルスの脅威に晒されて、20年前よりも切実にこの作品が身に迫ってくると思います。ネット動画全盛の今だからこそ、劇場のスクリーンにこだわった映画美を堪能してほしいと思います」と語っている。

 また、公開から20年を経た上映に著名人らもコメントを寄せており、手塚監督の最新作『ばるぼら』(11月20日に公開)で主演を務めた稲垣吾郎は「『白痴』で目にした色彩の世界はまるで原体験のように脳裏に焼き付き、いまではぼくの美意識の礎となっています」と語っている。(編集部・入倉功一)

『白痴』への各界応援コメントは以下の通り

ADVERTISEMENT

稲垣吾郎(俳優)
『白痴』で目にした色彩の世界はまるで原体験のように脳裏に焼き付き、いまではぼくの美意識の礎となっています。当時は背伸びをして観ていたけれど、今見ると、すとんと心に染みわたる。何年かおきに見返しては、自分自身を見つめることができる作品だと感じます。僕が出演する映画『ばるぼら』に続く道は『白痴』から始まっています。

岩井俊二(映画監督)
主人公の男と白痴の女。二人が接触するシーンはルネサンスの名画を直に触れるような美しさだった。
帝国の歌姫は真の主役かも知れない。彼女の狂気、秘めた葛藤、そして溢れる涙に心奪われた。

スプツニ子!(アーティスト/東京藝術大学デザイン科准教授)
虚構ではなく真実と共に生きることを選んだ時、人間は迷い、不安を抱え、行きつく場所が見えにくくなっていても、真実が安心のできる場所に導いてくれる。不和の広がっている現在、心に刺さります。

津田大介(ジャーナリスト/メディア・アクティビスト)
退廃の空気色濃い世界観に散りばめられた「謎は謎のまま」が極めて贅沢な映画。人の世は、諦念と執念、そして狂気と正気ただその繰り返しなのかもしれないと思わせる怪作。

映画『ばるぼら』予告編 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT