三浦春馬さん主演『天外者』12月11日公開!五代友厚役

三浦春馬さんが“てんがらもん”と呼ばれた五代友厚を演じる
三浦春馬さんが“てんがらもん”と呼ばれた五代友厚を演じる - (C)2020 「五代友厚」製作委員会

 三浦春馬さんが主演を務めた新作映画『天外者』(読み:てんがらもん)が、12月11日に全国公開されることが発表された。春馬さんは幕末から明治初期にかけて国のため、人のために尽くした薩摩藩の五代友厚を演じている。

【写真】豪華なキャストが集結!映画『天外者』より

 「てんがらもん」とは鹿児島の方言で「すさまじい才能の持ち主」を意味する。坂本龍馬、岩崎弥太郎、高杉晋作、西郷隆盛、大久保利通ら幕末の偉人たちと交わり、友情を築いた五代友厚に春馬さんがふんする。坂本龍馬役の三浦翔平さん、岩崎弥太郎役の西川貴教さん、伊藤博文役の森永悠希さんのほか、森川葵さん、筒井真理子さん、蓮佛美沙子さん、生瀬勝久さんといったキャスト陣が集結している。

[PR]
天外者
映画『天外者』ポスタービジュアル - (C)2020 「五代友厚」製作委員会

 翔平さんは春馬さんとの共演について「クランクイン前には、春馬と何度も読み合わせをして、才助(五代友厚)、利助(伊藤博文)、弥太郎(岩崎弥太郎)との関係性を築きあげ、自分なりの新しい豪快な龍馬を思いっきり演じることができました」とコメント。「天国で五代さんと一緒に観てくれることを願います」と続けている。

 また、岩崎弥太郎役の西川さんは「近代日本の経済の礎を築いた岩崎弥太郎を演じさせていただいたことを心から誇りに思います」と話し、「かつら作りから、着物の着付け、土佐弁や武士としての所作など緊張の毎日でしたが、春馬、翔平、森永くんをはじめキャスト全員で作品を生き抜いた時間は、かけがえのない瞬間でした」と振り返っている。

 メガホンを取ったのは『利休にたずねよ』『海難1890』などの田中光敏監督。発表されている『天外者』のストーリーは以下の通り。(編集部・海江田宗)

[PR]

<『天外者』ストーリー>
江戸末期、ペリー来航に震撼した日本の片隅で、新しい時代の到来を敏感に察知した若き二人の青年武士が全速力で駆け抜ける……。五代才助(のちの友厚・三浦春馬)と坂本龍馬(三浦翔平)。二人はなぜか、大勢の侍に命を狙われている。日本の未来を遠くまで見すえる二人の人生が、この瞬間、重なり始める。攘夷か、開国か……。五代は激しい内輪揉めには目もくれず、世界に目を向けていた。そんな折、遊女のはる(森川葵)と出会い「自由な夢を見たい」という想いに駆られ、誰もが夢見ることのできる 国をつくるため坂本龍馬、岩崎弥太郎(西川貴教)、伊藤博文(森永悠希)らと志をともにするのであった。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]