松坂桃李『あの頃。』仲野太賀、山中崇らがハロプロオタクに!

劇中にはモーニング娘。の曲を熱唱するシーンも!
劇中にはモーニング娘。の曲を熱唱するシーンも! - (C)2020『あの頃。』製作委員会

 松坂桃李ハロー!プロジェクトのアイドルにのめり込んでいく主人公を演じる映画『あの頃。』(2021年2月公開)の追加キャストが発表され、仲野太賀山中崇若葉竜也芹澤興人コカドケンタロウロッチ)らの出演が明らかになった。

【動画】仲野太賀『今日俺』今井を語る!

 本作は劔樹人がハロプロへの熱い愛と大切な仲間たちとの出会いと別れをつづった自伝的エッセイ「あの頃。男子かしまし物語」(イースト・プレス刊)を実写化する作品。大学院受験に失敗し、地獄のようなバンド活動を続けながら、金なし、彼女なしのどん底生活を送っていた劔(松坂)は、ある日、松浦亜弥のミュージックビデオを観たことからアイドルにドハマりしていく。

[PR]

 追加キャストとして発表されたメンバーは、仲野が藤本美貴の魅力を熱く語るプライドが高くてひねくれ者のコズミン役、山中が石川梨華推しでリーダー格のロビ役、若葉が痛車や自作のオタグッズを制作する西野役、芹澤がCDショップの店員で劒がオタク仲間と出会うきっかけを作るナカウチ役、コカドがハロプロ全般を推すイトウ役を担当する。彼らは劇中で「恋愛研究会。」というバンドを結成し、トークイベントやハロプロの啓蒙活動という名目でモーニング娘。の曲を熱唱するシーンもある。

 仲野はコズミンについて「感じも悪く、陰口は叩くわ、調子に乗るわ、器も小さい。ただ、なぜだか憎みきれない。なんなら少し愛おしい」と紹介。「恋愛研究会。のメンバーで過ごした日々は、まぎれもなくキラキラした青春でした」と撮影を振り返っている。

 ほかにも大下ヒロト木口健太中田青渚片山友希西田尚美の出演が発表された。メガホンを取ったのは『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』などの今泉力哉監督。(編集部・海江田宗)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]